FC2ブログ

帰ってきました

帰ってきました。

いや、実体は相変わらずうどん県に留まっております。

そう、東大阪から四国は香川県高松市に引っ越して早3年…。

大阪に戻ったらこのブログも再開しようと思っていましたが、全くそのめどは立ちません。

「忙しくてボードゲームもできるかどうかわからないし」とか思いながら、なんだかんだと遊んでいるうちに、とりあえず定期的にボードゲームができる状況になってきました。
いやはやありがたいことです。

ということで、ちょっと書くべきことも溜まってきてるし、「もう一回やりなおうそうか俺ら」とブログの管理ページを開いてキーボードにカタカタ打ち込んでいるわけです。

しかしまあ、完全に忘れてる。

画像のアップロードってどうやるんだっけ。

続きを読む»

スポンサーサイト



引っ越しました

 はい、というわけで『意志蹴り遊び』から引っ越してきました。

 
 

 タイトルも少し長くしました。

 
 今後はこちらの方をよろしくお願いします。


 
  —・—

 旧ブログの方はまだ契約中。

 
 順次こちらに昔の記事を移していこうと思います。

 いちいち手動なのがめんどくさい……。


  —・—

 あ、あけましておめでとうございます。

 
 改めて、今年もよろしくお願いします。

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

このブログ内で、ボードゲームとは

 ボードゲームに最近はまってます。

 と、言うと、「え?」と聞かれます。「それってどんなやつ?」と。


 どんな、と言われても困ります。

 それなら最初っからカミングアウトすんじゃなかった、っつう話なんですが。

 
 とりあえずこんなやつ、と上手く説明することはできないんだろうかとかも、まあ思ったりするわけで。

 「カタンみたいなの」とか「カルカソンヌ的な感じの」とかで伝わればいいんですけどね。伝わらない。

 
 伝わらないもどかしさをいつも抱えて過ごしているのも精神衛生上どうかなと思い、今回ブログ上に叩き付けてみる次第です。

 
 そして同時に、このブログを読んでいただく前の、ちょっとした準備として知っておいていただきたいことを、いまさらですが書いてみることにしました。

 
 マジ元旦だし今日。
 ちょうど良かろうタイミング的に。

 
ドイツゲーム

 必ずしも全部が全部ドイツで生まれたというわけではありませんが、このブログで紹介されるもの(つまり、私がハマっているもの)は「ドイツゲーム」と呼ばれる類いのものです。

 1980年代から現在にかけて、ボードゲームはドイツである進化を遂げた(らしい)のです。

 
 具体的にどうなったかというと。

 1・シンプルなルールで、ゲーム時間も短めのまま、
 2・運と戦略、思考と駆け引きのバランスを重視したシステムを追求し、
 3・美しいボックスアートや手に馴染む木製のコマを使用する、
 4・大人から子供まで一緒に楽しめるものになった。


 
 というとこかしら。間違ってたり抜けがあったらごめんなさい。

 まだまだドイツゲーム初心者の私です。とりあえず、「カタンの開拓者たち」をイメージして書きました。

 
 それで、注目していただきたいのはです。

 初心者が熟練者と、子供が大人と、真剣勝負できるゲームが本当に多い。

 子供向けに出されているゲームからしてどれも奥深いのです。

 
なぜドイツか

 ではなぜ、ドイツでボードゲームがひと皮むけちまったのか?

 これについては私まだよくわかりません。

 なにぶんはじめてドイツゲームに触れてからまだ日が浅い私ですので、その辺の経緯については今のところ勉強中。

 
 ただ言えるのは、

 1・ドイツで選ばれるゲームの賞にほとんどハズレがないこと
 2・ドイツに優れたゲームデザイナーが何人もいること
 3・ドイツメーカーが出すゲームのボードやコマが良質であること


 
 などによって、ボードゲームと言えばドイツ、というようなブランドとして立ち上がってしまっているということでしょうか。

 
 フランスやアメリカ、チェコやポーランド、さらには日本に台湾といった国々のメーカーもドイツに負けじとだいぶ頑張っているらしい、というのが2010年の傾向としてあったようなのですが、それでもやはり「お手本はドイツゲーム」ということのようですよ。

 
膨大な数

 そして、そんなドイツゲーム、年間数百タイトル出されるそうです。

 いっぱいあります。ほんとに。

 主だったショップにリンクを貼っているので(右)、ちょっと飛んでみて下さい。

 じつはものすごく盛り上がっているのです。

 
 
 それから、「ボードゲーム ドイツ」でちょいとググってみてください。

 当ブログより質、量とも圧倒的にまともなレビューサイト、レビューブログがいくつも上がってくるはずです。

 活発に活動されているサークルも全国そこかしこにあります。

 じつはものすごく楽しげな世界がそこに。

ちなみに

 当ブログのおすすめは、いまのところ前述した「カルカソンヌ」と、それから「チケットトゥライド」です。

 ゲームが苦手なうちの嫁でも楽しんでくれるゲームです。

 
 また、「アメージングテーブルゲーム」というムックも最近出版されておりまして、ボードゲームに興味を持ちはじめた方向けの、わかりやすく見やすいボードゲーム/カードゲーム紹介本でございます。

 付録にもカードゲームがついてますのでこれも是非。

 
 こんなところですかね。

 ふー。書いてスッキリ。

 最終的になんだか他力本願ですが。まあいいや。
 

ドイツ人もすなるシュピール

 ボードゲーム。

 人生ゲームでも野球盤でもMONOPOLYでもなく、ドイツあたりからやってきたラブリーな連中。
 
 なにやら去年の年末からハマっております。

 ところがぎっちょんちょん。
 ダルニは孤高に生きてきた男である。
 いまのところ遊ぶ相手は、Y・O・M・E、そう「嫁」しかおらず、しかしながらこの嫁、まったくもって亭主の趣味全般に興味を示さない人物(『カルカソンヌ』ならたまーにつきあってくれる程度)であるため、つか忙しいんじゃこっちは!んなことやる暇ねえよこの穀潰しめ、と亭主 the real 穀潰し を内心において罵倒しているに違いなく、(やむなく)半ベソでiPhoneカタン(¥600。安い!)に明け暮れるようなそんな超淋しい男一匹の、これは、the real (余儀なく)ソロプレイ日記、となるはず、です。

 なにぶん見切り発車の適当スタートでございますがゆえ、今後どうなるかはわかりません。

 とりあえず現在、もやもやながら予定しているコンテンツといたしましては……

「ひらがなインストラクション(仮)」
『ワニに乗る?』のルールもいまだ理解できていない長男(2010年4月現在、3歳です。プラレール好き。)の、来るべきその日のために、ALLひらがなのダイジェスト説明書を勝手に作成。

「アローン検討(仮)」
 ボードゲームを、基本おのれ独りで、やってみる。ルール読んでわかりにくい所、間違って解釈しまいがちになる所、などあぶり出すのが目的。内容物を並べるのが楽しいだけだったりする。余儀なくALONE。

「祝!リアルプレイ!のリアルレポート(仮)」
 ダルニはいかなる甘言や裏工作を用いて嫁を卓につかせたであろうか。その実態を赤裸々に告白。

 ……このような感じ。

 大丈夫か、俺。

まず

 はじめまして、よろしくお願いします。
 ダルニと申します。
 ブログをはじめます。

 読んだ本のこととか、「読んでないけど、な本」のこととか(いちおう書店員なのです)、あとはボードゲームのこととか、書くのではなかろうか俺は、といった見切り発車で発進します。

 とりあえず。

  ー・ー

 リンクはフリーです。
 
 ただ、こちらからも相互リンク貼らせていただきたいので、ご一報くださると嬉しいです。

  ー・ー

(後日追加)
 プレイレポートの最後に、五段階ぐらいの評価をつけていくことにしました。

 AAA……とにかく大好き!広まれ!
 AA……好き!買って損なし!
 A……まあまあ好き。
 B……これはこれでアリ。
 C……どうにも今ひとつ。

 こんな感じで行きます。
 ひょっとしたら、あとあとA四つとかDとか付け加わるかもですが、そのときはそのときということで。

 とりあえず。

テーマ:ブログはじめました! - ジャンル:日記

告知!
次のほっとゲーム会は……

未定!




ほっとゲーム会
プロフィール

ダルニ

Author:ダルニ
東大阪→高松市在住。書店員
年上の嫁と小六の息子との3人暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

ボードゲーム 意志蹴りアーカイブ 職場ボドゲ部 デザート*スプーン ノートルダム キッズゲーム Perfume ペガペガ 二人用ゲーム ワッツさん宅ゲーム会 レトロビルでゲーム会 ブルゴーニュ チケットトゥライド パトリツィア 賽苑 マカオ SCLL 嫁とゲーム ごいた カルカソンヌ トロワ ペルガモン DDT スコットランドヤード グレンモア 八戸ノ里 アグリコラ キウイゲームズ プレイレポート 人狼 王と枢機卿 ワッツさん宅 映画 クレタ オリンポス ほっとゲーム会 読書 テネリフェ ディスタウファー フィレンツェ 国産ゲーム ピラニアペドロ スノーの酒場 小箱カードゲーム ロストテンプル 拡張 ゼロ ゲーム周辺 楽しい動物園 ギフトトラップ クメル チャオチャオ キーラルゴ カヤナック カタン 大人のボードゲーム部 サンタクルーズ フォーセール ディ・スタウファー ひがっち たほいや ニムト 大聖堂の建設 かたちラボ タンサンファブリーク FOLK ベジン トーレス バトルライン エルグランデ chouchou ダズル フュージョン 

つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンク集(ボードゲーム関連)
リンク集(ボードゲームショップ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
カウンター