FC2ブログ

持たざるメガネ

 今日は最近になってハマっている漫画を。

 つってもジャンプ連載です。ミーハーなんでね。

 
IMG_8683.jpg

 ワールドトリガー。

 アニメも始まりました。

 
 何が良いって「群像劇感」が良いんですよ。

 いわゆる捨てキャラがいない。

 ダブル主人公の片方である遊真も良い感じで「強すぎない」。成長する余地があると読者に伝わる、というのは少年漫画の正しい在り方です。

 それに加えて、修の「弱さ」ね。

 とにかく弱い。弱すぎる。今後に期待、としか言えない弱さ。

 
 でも、連載開始から現時点までの短い物語内時間の中で、彼は着々と前に進んでいます。

 この「着々感」。好きですよ。


 さらには修、遊真を含めて、ほとんど全てのボーダー隊員がそれぞれなりの戦術眼を持っていて、それに則って動く所も読んでいて気持ちがいい。

 それと対照的な新3バカの面々も、セリフだけが最高にカッコよくて(それだけに上積みは見込めなくて)好きです。

 
 あと単行本はオマケが充実してますね。

 カバー取ると表紙に書かれている、作者による各キャラクター紹介が、とても楽しい。

 6巻諏訪さんのところは大爆笑しました。立方体て。

 毎巻楽しみにしてます。

 
  —・—

 アニメの方も録画して観ました。

 原作の第一話がそのままアニメの第一話なので「間延びしてるんじゃないか」とヒヤヒヤしましたが、そんなことはなく(千佳も出てきたし)、なかなか楽しめました。

 少し不満点を上げるとすれば、遊真が「凄む」シーンにもう少し気迫が欲しかった。

 とりあえずこの調子でテンポ良く進んでいって欲しいですね。

スポンサーサイト



ゲーム本を抱き合わせ紹介

 一昨日、職場で2冊の本を買ったのでした。



 『ボードゲームストリート2014』と『DEATH NOTE × SCRAP 死と砂の世界からの脱出』の2冊です。

 
  —・—

BGS2014

 まずボードゲームストリート。
 
 
 毎年楽しみにしているリプレイ。

 遊んだことのあるアヴァロンと遊んだことのない禁断の砂漠が良いです。実に楽しそう。

 特に禁断の砂漠に惹かれる。

 協力ゲームは基本、余程仲のいい人としか遊びたくないので多分買わないと思いますが、なんとか遊んでみたいものです。

 職場ボドゲ部の誰かが買わないかしらね。
 
 
 あとはもう少し私好みのゲーム(ブルッヘ、アメリゴ、ロシア鉄道)に重心を置いて紹介して欲しいなと思うものの、そういうのはわがままなんですよね。

 人に頼らず自分でやります。そのためのブログ。

 
 ところで、クーの写真があれなのは、あれがあれして、許可が下りなかったせい?(邪推)


 
  —・—

謎解き

 デスノートの方は昨日の休みで一気に最後まで……と行きたかったのですが、ただいま第3章の最後で手詰まりです。

 
 うーんわからぬ。

 わからぬよ。

 
 ずっと頭をひねっております。むむ


  —・—

 折角アメ村にヒミツキチが出来て、いろいろイベントやってるらしいというのに全然行けてないのは実は悔しかったり。

 
 今やってるコナンのはもうすぐ終わるので結局行けなさそうだけど。

 
 
  

BGカタログ

 昨日、『アメージングテーブルゲーム』の紹介をしたので、今回は先月に出版されたスモール出版刊『ボードゲームカタログ』を紹介します。

 そういえばやってなかった。

 
bgカタログ

 こちら、高円寺のボードゲーム専門店であるすごろくやさんが編集ということで、出版される前からかなり期待しておりましたが、読んでみたら期待を上回るしっかりした出来で「これはいい。これはいいよ」としばらくブツブツ言ってしまう危ない人になっていました。

続きを読む»

ATG 2nd issue

 去年出た『アメージングテーブルゲーム』というムックの2012年版が発売になったので買ってきました。八重洲出版。

 
atg

 おしゃれな表紙だ。

 ズバリ「おしゃれゲーム」と強気の煽り文句も躍ってます。

 ちなみに前号の紹介も去年こちらでしてます。

 比較すれば一目瞭然、おしゃれ度上がってますねー。

続きを読む»

BGS2011

 本日、朝。

 職場の開店前。

 
 入荷してきた新刊を仕分けしてたら出てきたので叫びました。

 私「買うこれ今日!」

 
 新紀元社ボードゲームストリート2011』です。安田均グループSNE著。

 というわけで買いましたよ。

 
bgs2011

続きを読む»

 弦書房『イタリアの街角から スローシティを歩く』を読みました。

 
 著者は法政大の陣内秀信教授。

 NHKの「ブラタモリ」にもときどき出てきますね。主に地中海の都市形成史を専門に研究しておられる先生です。

 
 イタリアは新婚旅行の場所に選んだ土地。

 その後ウン年間まったくもって近づけてないですが、もう一度行きたい憧れの国です。

 せめて行けないのならと雑誌や本を読んだりするわけですが、単なる紀行文や風景写真では物足りないのです。

 
 本書はそんな物足りなさを解消してくれる適度な本。

 現代イタリア諸都市が選んだ「スローシティ」あるいは「コンパクトシティ」という選択肢の、その素晴らしさや先見性、それから街に生きるということの本当の意味を、わかりやすい文章と美しい写真で紹介してくれます。

 
 そんなわけでとってもいい本。おすすめ也。

 うおー!イタリア行きてーぞ!

 

帯のくだらない惹句には惑わされないように

 嫁が毎晩村上春樹の『1Q84』を読んでいて、基本的に読書を邪魔されるのが大嫌いな私はそんな嫁をボードゲームに誘うことなどできるわけもなく、連日連夜の『オバケだぞ〜』でなんとか我慢はしているわけなのですが、やっぱり色々遊びたいなあなどなど思ったりもしていて、特に『スコットランドヤード』を「ミスターX=嫁」「ジャップ警部と仲間達=私」というシチュエーションで遊びたくてたまらず、その際私の駒は3つで嫁のブラックチケットは5枚で良かろうハンデハンデとかいう予定まで立てているのですよといった今日この頃、実はここまでだらだら句点も打たずに冒頭の一文を引っ張ってきているのにはわけがあり、というのも読んだ小説について感想文なり何なり書かなくちゃなとは思いつつもこの気持ちをどのように綴ればよいのか方向性なり程度なりが見えないまま途方に暮れていて、こうやって適当に文字打ち込んでいるうちに何とかなるかなとか目論んだのですが目論み違いでした、という話。

 

続きを読む»

自分で自分に贈るのは本

 昨日(23日)、大阪市内某所にてゲーム会に参加。
 
 楽しかったです。

 
 で、帰ってきたら、嫁が「頭痛がする」と言っており、既に就寝した息子はお腹をこわしていたとのこと。

 罪悪感。

 
 それで、というのではないのですが、いろいろ考えたこともあるので、それもまた近いうち書くかも。書かんかも。

本を買いました

 クリスマスだから、というわけでもなく、まあ日常的に本は買いまくっておるわけですが。

 今日はなんか特別。

続きを読む»

伊坂本もたまには読む

 伊坂幸太郎の、『陽気なギャングが地球を回す』を読みました。

 小説は翻訳ものの方が好みなので、国内のはたいてい後回し。

 で、いまさら陽気なギャングです。

 たぶん、書店員的には乗り遅れているほう。

 
 伊坂作品は、あっちこっちに散らしたカードを最後に「はいこれも。これも。それも」と回収するのを見て楽しむものですので、読む側の作業としては「いろいろ覚えておく」だけで良いのでらくちんです。

 回収してもらって、読後はいつも軽快。爽快。

 たまにはこんな読書もいい。

 
 それで、そういえばこの本、映画になったんだっけ、と思い出しキャストを確認すると……。

 成瀬→大沢たかお

 マジで?
 
 いや、イメージ真逆なんで、むしろ観てみたい。

 
 とか思ったりしたよ、という話です。

キノコ文学?いやいや

 オルガ・トカルチュクというポーランドの作家の<『昼の家、夜の家』という小説を読みました。

 新刊として入荷してきた日に見つけ、「これは」という予感がしたので即購入。

 予感的中。
 「当たり」です。

続きを読む»

告知!
次のほっとゲーム会は……

未定!




ほっとゲーム会
プロフィール

ダルニ

Author:ダルニ
東大阪→高松市在住。書店員
年上の嫁と小六の息子との3人暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

ボードゲーム 意志蹴りアーカイブ 職場ボドゲ部 デザート*スプーン ノートルダム キッズゲーム Perfume ペガペガ 二人用ゲーム ワッツさん宅ゲーム会 レトロビルでゲーム会 ブルゴーニュ チケットトゥライド パトリツィア 賽苑 マカオ SCLL 嫁とゲーム ごいた カルカソンヌ トロワ ペルガモン DDT スコットランドヤード グレンモア 八戸ノ里 アグリコラ キウイゲームズ プレイレポート 人狼 王と枢機卿 ワッツさん宅 映画 クレタ オリンポス ほっとゲーム会 読書 テネリフェ ディスタウファー フィレンツェ 国産ゲーム ピラニアペドロ スノーの酒場 小箱カードゲーム ロストテンプル 拡張 ゼロ ゲーム周辺 楽しい動物園 ギフトトラップ クメル チャオチャオ キーラルゴ カヤナック カタン 大人のボードゲーム部 サンタクルーズ フォーセール ディ・スタウファー ひがっち たほいや ニムト 大聖堂の建設 かたちラボ タンサンファブリーク FOLK ベジン トーレス バトルライン エルグランデ chouchou ダズル フュージョン 

つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンク集(ボードゲーム関連)
リンク集(ボードゲームショップ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
カウンター