FC2ブログ

ハリネズミの追いかけっこ:箱を開けよう!

 特別ゲストを呼びつけましたよ。


 おいお前、こっちきて開けるの手伝え。
 「なにこれ」
 これはハリネズミ。
 「はりねずみ」

 
ハリネズミ箱1

 というわけで息子と開けました。

続きを読む»

スポンサーサイト



嫁とゲーム、あるいは

 嫁はゲームが嫌いです。

 小さい頃家族とトランプで遊んだ嫁は、遊んだというより人数合わせのためにルールもよく把握しないまま参加させられ、そのうえに下手だと言ってさんざんに罵られたそうです。

 挙げ句「お前と遊んでもおもんないねん」と面と向かって言われ、それ以降「一緒に遊んでもおもんない」レッテルを貼られ続けたそうです。

 
 今はどうか知りませんが、昔の家庭はどこもそういうものだったように思います。

 親戚の前だろうとなんだろうと、振り当てられたキャラとして口汚く罵られ辱められ、「それでも俺たち家族」みたいな関係性の絶対さを、誰も彼もが信じきっていました。

 
 今でも「普通そうだろ」と思う人はいるでしょう。

 それはそれで構わないので、勝手に自分の「がさつ道」を極めていってほしいものです。

 個人個人がばらばらで、そういうのが表面的には尊重されて、少しはましな世の中になったなあと私は感じています。

 

 いま、嫁はだいぶ大人になって、カルカソンヌやチケットトゥライドやローゼンケーニッヒくらいなら、そう嫌がらずに私の相手を務めてくれます。

 でも、恐らく彼女は、私以外の人間とは決して遊ぶことはないでしょう。
 
 ゲームは嫁にとってトラウマなのです。

 
 相当に時間が確保できたタイミングに、気分と体調の良さそうな頃合いを見計らって、私は嫁をゲームに誘います。

 なるべく楽しんでもらえるよう、まず簡潔で要点を押さえたインストを心がけますが、まだまだ未熟でよく失敗します。

 ゲーム中は、熱くならずに、でも真剣に、喜んだり悔しがったりします。

 
 そして。

 毎日いろんなサイトを見て回りながら、いつか嫁の方から「これ遊びたい」と言ってくれるゲームに出会えたらな、とか思っていたりします。

 それは祈りにも少し似ています。

ドラゴンの心臓:箱を開けよう!

ドラゴンの心臓

 今日の気分は面倒くさガリヤ。

 なにもかも「来た見た勝った」で済ませたい、そんなカエサルマンです。

 
 なので早足で参ります。

 


 どりゃ!

ドラゴンハート開け1


 

続きを読む»

そういえばうちにはア行のゲームがない

 もうすぐ東京に異動になる同僚(男)がいて、「それならば」とばかりになにかしらゲームを1つ押し付け……いや贈ることにして、いろいろ悩んだあげく結局「もっとホイップを!」にしてしまい、何だか当初の予定(ケルトカードあたり)よりちょっぴり高くついたけどイエサブで買えたから送料かからなかったしまあいいかとか思ったり思わなかったりで、しかも部屋に女子連れ込んでしっぽり遊ぶにはこれ最適だぞ的な余計な思いやりもあったりなかったりで、でも今回の記事の主題は実はそういうところにはなく、贈るの何にしようかなーとショップのサイトやレビューサイトなどを巡っているうちになんだかまたまた欲しいボードゲームが増えてきちゃいましたよ私、とかまあそういう話です。

 以上のことをふまえ、一昨日注文したゲームが届きました報告。

続きを読む»

恋は迷わずに飲む不幸の薬(by草野マサムネ)

 ドラマを観てから、久保ミツロウの『モテキ』に夫婦ともどもハマっております。

 といっても、まだ1巻しか読んでおりませぬ。

 ドラマもまだその辺までしか観てません。第5話あたり。


 撮りためてるのでだらだら観るであります。

 2巻以降もそのうち買って読むであります。

 
  —・—

 で、嫁とひたすら恋愛について思うことを語り合っている今日この頃。

 俺モテ期だ今!って自覚してるようじゃ、その時点でダメやね。

 とか。


 それにしても、主人公のコイツ、ぜんぜん良いとこねえよ。

 今後の展開として、主人公はいくぶんマシになるのか、女子サイドからの視点で主人公の魅力が語られたりするのか、そんなことをちょっと期待。

 
 耳より情報。

 単行本のカバーをめくったらオマケマンガあります。

 超面白いです。

 あとがきマンガも。

 
 イブニングで読んでたからいいやという方、立ち読みとかマン喫とかで済まされている方、ゼヒ買うべし!べし!

RTtAアプリ

 そういえば、「ロールスルージエイジス」のiPhoneアプリをダウンロードして遊んでいたのでした。

 最初は英語を睨みつけながらソリティアやっていたのですが、大まかな流れは理解できてもこまかいところはやっぱり理解できてないので、ニューゲームズオーダーさんのところで日本語ルールをDL&プリントアウト。

 あ、なるほどそゆことね。

 となったあとはひたすら都市の数を増やして高得点を狙う感じ。

 
 んー、でもあと1ターン増やしてくんねーかなー。

 いつも、さあこれからがたのしいぞ、というところで終わります。

 少し物足りないかなあ。


 実物のほうは、内容物と価格がマッチしていないようなので、足踏み。

無題でおねがいします。

 更新が滞り気味です。(デジャヴ)

 
 実はこの秋、ちょっとした資格試験を受けようかと思っておりまして、夏前からこっち毎日すこしずつですが勉強してました。

 いよいよ試験日が迫ってますので、あまり時間もなく、読書も進まず、ゲームもなかなかできてません。

 
 そんなわけで、取り立ててブログに書くネタもなく、ひらがなインストを久しぶりに作ってみました。

 そういえば「さっそくやってみたいっすね」と書いていた「ジョン・シルヴァー」もけっきょく未プレイのまんま。

 2〜4人用となってますが、2人プレイだと1人が2キャラクターを担当することになるため、正直億劫です。

 畢竟4人プレイが最適なのでしょうね。

 
 
 というわけで、「いつかは遊ぶぞ」という強い決意の元に、ただいま保留中なのでした。

 クレタも言わずもがな。余儀なく。

 
どうでもいいことですが

 最近の気になってるゲーム。

 
 Mr.ジャック・ポケット。
 
 オニリム。

 電力会社日本語版。

 
 あと、賽苑のダズルとかハウラとか。

 
 定番なところでは、ドミニオン、エルグランデ、トーレス、マンハッタン。

 
 いずれ買うかも。買わんかも。

チケットトゥライド:ひらがなインスト

 ちけっととぅらいど
 チケットトゥライド

チケライ箱

 
TICKET TO RIDE:2004:アラン・R・ムーン:デイズ・オブ・ワンダー:2〜5人:8歳以上


  —・—

 アメリカのちず のうえに れっしゃのかたちのコマを おいていきます。

 コマをおくたびに てんが はいります。

 また、もくてきちカード のとおりに まちとまちを コマでつなげると てんが はいります。

 
 さいごに たくさん てんをとったひとの かちです。

続きを読む»

告知!
次のほっとゲーム会は……

未定!




ほっとゲーム会
プロフィール

ダルニ

Author:ダルニ
東大阪→高松市在住。書店員
年上の嫁と小六の息子との3人暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

ボードゲーム 意志蹴りアーカイブ 職場ボドゲ部 デザート*スプーン ノートルダム キッズゲーム Perfume ペガペガ 二人用ゲーム ワッツさん宅ゲーム会 レトロビルでゲーム会 ブルゴーニュ チケットトゥライド パトリツィア 賽苑 マカオ SCLL 嫁とゲーム ごいた カルカソンヌ トロワ ペルガモン DDT スコットランドヤード グレンモア 八戸ノ里 アグリコラ キウイゲームズ プレイレポート 人狼 王と枢機卿 ワッツさん宅 映画 クレタ オリンポス ほっとゲーム会 読書 テネリフェ ディスタウファー フィレンツェ 国産ゲーム ピラニアペドロ スノーの酒場 小箱カードゲーム ロストテンプル 拡張 ゼロ ゲーム周辺 楽しい動物園 ギフトトラップ クメル チャオチャオ キーラルゴ カヤナック カタン 大人のボードゲーム部 サンタクルーズ フォーセール ディ・スタウファー ひがっち たほいや ニムト 大聖堂の建設 かたちラボ タンサンファブリーク FOLK ベジン トーレス バトルライン エルグランデ chouchou ダズル フュージョン 

つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンク集(ボードゲーム関連)
リンク集(ボードゲームショップ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
カウンター