FC2ブログ

ビブリオス:箱を開けよう!

 基本的に、ゲームのモチーフだったりアートワークだったりコンポーネントだったりを重視してボードゲームを買うことにしている私ですので、「写本と修道士」のリメイク「ビブリオス」は、結構前から欲しかったのです。

ビブリオス

 

続きを読む»

スポンサーサイト



休日平日ゲーム会:匂いの確認篇

 昨日の6月24日はお休み。

 久しぶりに、大阪は某所にあるワッツさん宅へお邪魔して、ボードゲームで遊ばせてもらいました。

 
 ただ、嫁は用事で出かけているため、13時半ごろには帰宅して幼稚園に息子を迎えに行かねばなりません。

 ワッツさん宅から家までは、下手すると1時間以上かかるので、12時を回ったところで離脱しました。

 
 遊んだゲームは


 ごきぶりポーカー
 ビブリオス
 クレタ



 の3種類。

 写真を撮り忘れたのと、クレタの中盤で私の時間切れが来てしまい、そこでゲームが終わってしまった(しかもドベ)ことが悔やまれます。

 
 ゲームはやはり何れも面白く、初めてお会いしたHIGEさん(ゆうもあの支部長さん!)がとても素敵な方だったので、本当に楽しいひと時。
 あっという間でした。

 
 お相手してくださったワッツさん、HIGEさん、それから私と入れ違いになってしまったしのんさん、是非また遊びましょう!遊んでください何卒!

 
 いやーそれにしても、ビブリオスは良いゲームですなー。

 テーマ的にもモロ私の好みです。

 匂いがキツイ、という意見がちらほらネット上やTL上にも上がってましたので、実物はどんなもんかなーとずっと気にはなってたのですね。

 で、ワッツさん宅でにおってみたところ……。

 あ、この匂い、むしろ好きかも。

 てなわけで。

 
ビブリオス

 買っちゃいました。

 つづく。(→ビブリオス:箱を開けよう!

グレンモア:箱を開けよう!

 なんとなくスコットランドの雰囲気に浸りたかったので買っちまいました。

 
グレンモア

 いろいろレビューサイト読んでみて、ダミー入っても面白そうなことが分かりましたしね。

 安いしね。ついね。

 

続きを読む»

仁川遠征に帯同して芝生ゴロゴロ

 昨日、阪神競馬場に息子と行ってきました。

 職場の人たち数名がこぞって出掛けるというので、付いていってみたのです。

 メインレースはマーメイドステークス。とはいえ新聞も買わず予想もせず。でも、息子と私はとても楽しかったです。

 
IMG_2207.jpg

 サニーブライアン世代が全盛の頃、私は競馬にどっぷりはまっておりまして、毎週のように仁川に通い詰めたものです。

 とはいえバク才などかけらもない私ですので、毎週のように負けては半べそかきながら仁川をあとにしたものです。

 
 その後、いろいろあって熱は冷めてしまい、足を洗ったようなかたちで現在に至るわけなのですが……。

 いやあ、久しぶりに仁川駅を出たら、競馬場までの直通地下通路なんてものができておる!

 予想屋のおっちゃんのダミ声も、焼き鳥の煙もない、クリーンな道。

 さらに競馬場入り口ゲートには「この先は禁煙です」と大きく書かれた案内表示が。

 ワンカップ大関片手にヨロヨロ歩く汚いおっちゃんは当然のごとく減り、カップルや親子連れが増えている様子です。

 当時からこういう傾向はありましたが、変われば変わるものですね。

 
 で、今回私は息子とピクニック。

 予想したり馬券買ったりで忙しいみんなを尻目に、二人で芝生の上をゴロゴロ転がってケタケタ笑い、たまに「お、馬だ」つってコースに近寄ったり、途中スイートプリキュアショーの音が聞こえてきたので観にいったり。

 
IMG_2210.jpg

 あ、メインレースだけ、他のメンバーに予想を任せて馬券を買ってもらいました。

 爽快なくらいに外れましたよ。

 そのマーメイドSの順位確定を見届けたところで、職場のみんなと別れて私たち親子だけ帰宅することに。

 さすがに息子もいっぱい遊んで昼寝しそうですし、最終レースまで居残ると電車も混みますからね。

 
 そして。

 帰りの阪急車内は空いててゆったり座れたのですが、息子は案の定爆睡してしまい、梅田から乗った地下鉄では抱きかかえたまま立ちっぱなし……。

 私「ほら、御堂筋線やで。あんたが帰り乗りたい言うたんやでー」
 息子「zzz」
 私「重い。重いよー」
 息子「zzz」

 近鉄電車に乗り換えるまで続く父親地獄!

 
 翌日(つまり今日)、おそらくこの苦行のために、やたら踵が痛かったです。

 近鉄線を降りる時になって目覚めた息子は「たのしかったねー!」と言って、迎えにきていた嫁に競馬場の様子をいろいろ説明してました。

 息子「おうまさんがな、ぐーってな、こういってな、またこういってな、かえってくるねん」

 ところが、騎手は乗っていたか、という質問を投げかけると首を傾げる息子。

 毎度のことながら、何を見てたんだお前は。

職場ボドゲ部:部員二号篇

 6月15日、職場の人たちと仕事帰りにボードゲームで遊びました。

 場所は、以前もお邪魔したことのあるkana-Aさん宅。

 
IMG_2178.jpg

 豪勢な晩御飯までいただいてしまいました。

 美味しかったです!ごちそうさまです!

続きを読む»

ノートルダム:プレイレポート

 去年の冬、カルカソンヌの次に購入して、私を完全にドイツゲーム中毒者に蹴落とした運命のゲーム。それが「ノートルダム」です。

 2007年ドイツゲーム賞(Deutscher Spiele Preis)2位。

 
 インストの段階で嫁(基本的にゲーム嫌い)が拒否反応を示したゲーマーズゲームでもあります。正直な話、このゲームを遊びたくて職場ボドゲ部を始めましたよ。

 
ノートルダム

 念願かなって、職場の同僚、シン君&鏑木君と野郎三匹みっちりむっちり遊んだので、久々にプレイレポートです。

 
 (記事の最後にちょっとした追記があります)

続きを読む»

職場ボドゲ部:たこ焼き幹部会篇

 昨日、6月8日。

 仕事終わりに、以前も二回お邪魔したことのある同僚シン君のお宅に上がりこみ、ボードゲームで遊んで参りました。

 メンバーは私、シン、鏑木(敬称略)。男ばかり三人。

 職場ボドゲ部の幹部たち(と、私が勝手に思っている)が、初めて一つの卓を囲みました。

 

続きを読む»

エルサレム:箱を開けよう!

 つい先日、「我慢する」とか書いてたくせに、買ってしまいましたボードゲーム

 いや、なんか安く買えたので、なんとなく。

 
エルサレム

 イタリアのゲーム「エルサレム」です。

 デザイナーはMichele Mura。読み方はミケーレ・ムラ、でいいのかな?

 

続きを読む»

職場ボドゲ部:ラーメン篇

 去る6月2日。

 大阪某所にて、職場の人たちとボードゲームやカードゲームで遊びました。ボドゲ部。

 メンバーは、私、ナデシコ、さちよ、伸々頭、yun、の5人です(敬称略)。

続きを読む»

またまた昔の映画

 ハンフリー・ボガード主演の『必死の逃亡者』という映画を観ましたよ。TSUTAYAが旧作DVD100円で貸したってもええよというのでね。1955年公開。

 監督は『ローマの休日』や『ベン・ハー』のウィリアム・ワイラー。何だかとってもすごい人です。

 
 で、どんな話かと言うと……

 プチブル家族の家が脱獄囚3人に占拠され、脱獄囚達は銃を持っていて脅すので警察に通報することも叶わず、家族は互いを思いやって大いに肝を冷やすが、脱獄囚達がどこか抜けている反面お父さんがしっかりしているので、観客は結局なんとかなるんじゃねえかと思って観てしまう。

 というあらすじ。

 ?

 ちょっとちがうかな?

 
 まあとにかく感想は、「面白い」のひと言に尽きます。

 
 物語自体は本当に単純。

 ですが、役者の演技に奥行きがあり、ダイアログも無駄なものが全くなく、見応えは十分。お腹いっぱい。

 中でもボギー晩年の悪役が見事。そのうらぶれて落ちぶれた汚い脱獄囚っぷりには感動すら覚えます。

 またフレデリック・マーチのお父さんも魅力的。まあ、こんな威厳たっぷりパパ(しかもしっかり活躍する)、現実にはそうそういないでしょうがね、きっとねたぶんねハハハ……。

 後はカメラワークが本当に見事というか……。舞台もほとんど家の中なのに、視覚的に飽きのこないように場面場面で構図を変え、ただし位置関係が混乱しないように常に家の中心の玄関ホールから撮るようにシーンを作っています。

 映画関係者にとってこの程度のことは当たり前なのかもしれませんが、素人目にはこれはすごいことなんじゃないかと思えてしまいますよ。

 
 無理矢理いちゃもんつけるとすれば「子役に可愛げがない」くらいでしょうか。

 
 にしても、この作品もそうですし、『暗くなるまで待って』やヒッチコックの『ロープ』など、舞台劇を元にした昔のサスペンス映画って、傑作率高いですね。

 当時の舞台のほうもとてつもなくハイクオリティだったのだろうと想像してしまいます。

 
 登場人物や場面が少なくても、プロットをこねくり回して複雑にしなくても、しっかり作り込めば映画はこれだけ面白くできる、というその好例でした。

 まだの方は是非。おすすめです。
告知!
次のほっとゲーム会は……

未定!




ほっとゲーム会
プロフィール

ダルニ

Author:ダルニ
東大阪→高松市在住。書店員
年上の嫁と小六の息子との3人暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

ボードゲーム 意志蹴りアーカイブ 職場ボドゲ部 デザート*スプーン ノートルダム キッズゲーム Perfume ペガペガ 二人用ゲーム ワッツさん宅ゲーム会 レトロビルでゲーム会 ブルゴーニュ チケットトゥライド パトリツィア 賽苑 マカオ SCLL 嫁とゲーム ごいた カルカソンヌ トロワ ペルガモン DDT スコットランドヤード グレンモア 八戸ノ里 アグリコラ キウイゲームズ プレイレポート 人狼 王と枢機卿 ワッツさん宅 映画 クレタ オリンポス ほっとゲーム会 読書 テネリフェ ディスタウファー フィレンツェ 国産ゲーム ピラニアペドロ スノーの酒場 小箱カードゲーム ロストテンプル 拡張 ゼロ ゲーム周辺 楽しい動物園 ギフトトラップ クメル チャオチャオ キーラルゴ カヤナック カタン 大人のボードゲーム部 サンタクルーズ フォーセール ディ・スタウファー ひがっち たほいや ニムト 大聖堂の建設 かたちラボ タンサンファブリーク FOLK ベジン トーレス バトルライン エルグランデ chouchou ダズル フュージョン 

つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンク集(ボードゲーム関連)
リンク集(ボードゲームショップ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
カウンター