FC2ブログ

ジョン・シルバー:箱を開けよう!

 どんなゲームか情報をきちんと集めぬままに、「宝島のゲーム!?しかも安い!買う買う!」というノリで購入。

 クレタと一緒に買ったことで、送料サービスでしたし。


 で第一印象。「小っちゃ!」

 まあそりゃカードゲームですから当然ですわな。

 縦横ニムトサイズの箱。ニムトと比べて少しかさ高です。



 そして、えーと、これどういうゲームでしょうか?

 ルールを読みながら見ていきましょう。

ジョンシルバー開け

 とりあえずはがすぞバネスト訳を。

 ふむふむ、作者マーティン・シュレーゲル……誰?

何はともあれ

 箱を開けてみなければ始まりますまい!


ジョンシルバー開け2

 シュリンクを剝く。

 いいねえ、シルヴァー船長。

 その不敵で下品な笑顔。

 鳥無表情。




ジョンシルバー開け3

 ぱか。

 左右反転したシルヴァーがそこに。

 ルール説明書です。

 義足逆なっとるやん。あかんがな。


 で、気になったんで「宝島」を確認すると、シルヴァー船長は左足が義足でした。

 説明書の方が正しい。

 じゃあ箱絵の人、シルヴァーじゃねえじゃん。

 誰なんだオマエ……。



ジョンシルバー内容物


 内容物。

 左から袋に入ったカード立て、カード、説明書(二つ)。

 カードの絵も箱絵と同じく右足が義足として描かれています。

 このゲームはあれでしょうか、「ジョン・シルヴァーの義足は右」で押してゆくつもりでしょうか。

 そっちがそうなら、このシルヴァーっぽいおっちゃんはシルヴァーではないシルヴァーコスの変態、という解釈でこっちも行きましょう。


カード立てと説明書


ジョンシルバーカード立て


 で、四つ入ってたこのプラッチックのカード立て。

 ……どうやって使うのでしょうか。

 説明書を読んでみても書いてません。

 まあ説明書に載ってる写真などから類推するに、キャラクターカードを立てて使うんですな、これはおそらく。

 今回俺は水夫でアイツが海賊、という風に。


 でも、…必要かこれ?


ジョンシルバールルブ

 はいそれから、説明書。

 二つ入ってました。ドイツ語(左)と英語(右)。


ジョンシルバールルブ2

 中はこんな感じ。

 例によってちんぷん&かんぷんなわけですが、確かなことが一つだけ言える。

 こっちのシルヴァーが本物だぞ!



とにかくカードだ

 カードゲームなので、カードなきゃ話にならんけんね。

ジョンシルバーカード1


 セロファンとりまーす。

 新しいゲームを買ってき以下略。


 あとは、えーとなになに、キャラクターカードが2枚ずつ、と。

 これね。

ジョンシルバーカード2


 で、各プレイヤーが自分のキャラクターを選んで、一枚目の前に立てておく。

 もう一枚は場に出して、自分の列のしるしに使うのですな。

 あ、このカード、裏には「いつでも参照できるようにルールサマリーが書かれています」だって。ああ、それで立てるようになってんだ。

 どれどれ。

ジョンシルバーカード3

 ドイツ語と英語。

 ……立てなくていいよやっぱ。

 まあ、場に出すのはドイツ語のほうであろうよ!(予言)



ジョンシルバーカード4


 キャラクターカードの次は宝箱、水夫、船のシンボルカードと数の入ったカード。

 それからジョーカー。

 上段の3枚、数字の書いてないのがシンボルカード。

 残りのカードをシャッフルして各々に配り、順番に場に出していって遊ぶようです。


 まず場にシンボルカード3枚キャラクターカード4枚を出して、三行×四列の配置場所を決め、船のカードは船の行に、船員のカードは船員の行に置く。

 ジョーカー(写真下段)なら、どのシンボルカードの行にも置ける。

 それから……。

 自分の列に置いてあるカードの数が最大か最小のときにカード獲得。

 カードに描かれた金貨枚数分がプラスで黒点カードはマイナス。ふむふむ。

 リンゴのカードを使うと、場に出ているカードからも(リンゴのカード以外なら)手札に補充できる。ほほう。


 それから、え?リンゴは左隣の人に得点が行く?

 ……ややこし!

 でもこのややこしさ、好きっ!



ジョンシルバーカード5


 ためしに船のカード全十三枚を広げてみましょう。

 上の写真のとおり、マイナスになる黒点は大きい数と小さい数のカードについていて、カード獲得は確実だけどマイナスを覚悟しなくちゃならない。

 あと黒点はジョーカーにもついている。ジョーカーは、ちょうど真ん中くらいの数字に設定されているので、
いやがらせに使える。

 リンゴは不利な場を変えることができるかもしれないけど、他の人に取ってもらうように置かなくちゃならない。

 おお、なかなか考えることが多くて面白そうですよ。


おかたづけと本

 さ、仕舞いましょうか。

ジョンシルバー片付け


 キャラクターカードとシンボルカードを右に入れ、その上にカード立て。

 そのほかのカードは左。


 あ、そうだ宝島。

ジョンシルバー本

 言わずと知れた、ですよね。

 ただ如何せん!

 ゲームと本がまったく関係ない!


 箱絵のおっちゃんも、シルヴァーでなくてシルヴァーコスのイタい人なんで。義足逆なんで、ええ!



 写真のとおり、うちにあるのは岩波少年文庫です。

 新潮とか講談社とかから出ている文庫よりちょっと大きいサイズ。

 新書の、すこし幅のある版型、と思ってもらって構いません。


 ですので、場所も取らないゲーム。所要プレイ時間も30分と軽め。

 早速やってみたいっすね。



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

告知!
次のほっとゲーム会は……

未定!




ほっとゲーム会
プロフィール

ダルニ

Author:ダルニ
東大阪→高松市在住。書店員
年上の嫁と小六の息子との3人暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

ボードゲーム 意志蹴りアーカイブ 職場ボドゲ部 デザート*スプーン ノートルダム キッズゲーム Perfume ペガペガ 二人用ゲーム ワッツさん宅ゲーム会 レトロビルでゲーム会 ブルゴーニュ チケットトゥライド パトリツィア 賽苑 マカオ SCLL 嫁とゲーム ごいた カルカソンヌ トロワ ペルガモン DDT スコットランドヤード グレンモア 八戸ノ里 アグリコラ キウイゲームズ プレイレポート 人狼 王と枢機卿 ワッツさん宅 映画 クレタ オリンポス ほっとゲーム会 読書 テネリフェ ディスタウファー フィレンツェ 国産ゲーム ピラニアペドロ スノーの酒場 小箱カードゲーム ロストテンプル 拡張 ゼロ ゲーム周辺 楽しい動物園 ギフトトラップ クメル チャオチャオ キーラルゴ カヤナック カタン 大人のボードゲーム部 サンタクルーズ フォーセール ディ・スタウファー ひがっち たほいや ニムト 大聖堂の建設 かたちラボ タンサンファブリーク FOLK ベジン トーレス バトルライン エルグランデ chouchou ダズル フュージョン 

つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンク集(ボードゲーム関連)
リンク集(ボードゲームショップ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
カウンター