FC2ブログ

ドラゴンの心臓:プレイレポート

 お試しプレイで嫁にもなかなかの好印象を与えた様子だった当ゲーム。

 そこから少し時間が経ってしまい、一からルール説明などしなければならなかったのですが、すぐ思い出してくれたようです。

 
ドラゴンの心臓1

念のため説明・対話篇

 私「まず手札を5枚、山札から取ってください。取りましたか」
 嫁「取ったよ」
 私「手札の絵柄とボードを見比べてください。同じ絵が描いてある箇所がわかりますでしょうか」
 嫁「わかるー。ここにこの絵のやつを置いていくんやったよね」
 私「そうです。同じ絵柄なら一回の手番に複数枚置くのも可です。ただし枚数制限のある箇所があります」
 嫁「ふむふむ」

ドラゴンの心臓2

 私「例えばここを見てください。剣を持った兄ちゃん(ヒーロー)や船はその場所に2枚あるいは3枚置かれたら効果を発動します。なのでその効果発動枚数に達する枚数までしかその手番には置けません。船を3枚持ってても既に船の場所に1枚カードが置かれていたら2枚までしか置けないのです。わかりましたか」
 嫁「ん」
 私「効果はボード上の矢印によって表現されています。剣の兄ちゃんは2枚目を置いた人が鎧のお姫様かトロールのカードどちらかを獲得できます。しかる後2枚ともボード外の船着き場にストックされます。で、3枚目の船を置いた人はその兄ちゃんのカードを回収できます」
 嫁「うん思い出した」
 私「矢印ののびていない箇所のカード、つまり宝箱、石像ドラゴンはその場に置かれるだけです。ドワーフのおっちゃんは4枚目を置いた人が4枚回収できます。飛んでるドラゴンとお姫様とトロールは1枚目から効果発動になります」


ドラゴンハートコマ

 嫁「この赤いの(ドラゴン像)はなんやったっけ」
 私「鎧のお姫様を使って石像ドラゴンを獲得した人に与えられます。通常手番の最後に手札を5枚になるまで山札から補充しますが、これがあれば6枚になるまで補充可能というお得アイテムです」
 嫁「ああ、そやったね」


ドラゴンの心臓3

 私「3枚目の船を置いたら、剣の兄ちゃんと弓矢の人(ドラゴンハンター)のカードを回収した後そのラウンド終了になります。3ラウンドが終わったらゲーム終了。あとどちらかの山札がなくなっても終わりです」
 嫁「うん。オッケー」
 私「最後にそれぞれが回収したカードの数字を点数として足していって、得点の高い人が勝ちです」

 
では開始

 そういうわけで、いよいよガチ勝負です。

 
 ただ手札なりに遊んでも面白くないので、ここはやはりドラゴン像獲得を目指します。

 手札が1枚増やせるだけで、相当楽になるはず。

 ということは、と私は考えました。

 お姫様を手札に確保しつつ、嫁の手札中からお姫様のないタイミングを見て、石像ドラゴンのカードを出すあるいは出てくるのを待つ。

 そういう作戦でいきます。

 
ドラゴンの心臓4

 つまり上の手札だと、一番右の宝箱カードを「エサ」として取っておいて、石像ドラゴンカードを引いてきたら出すという方針。

 それまでマネジメントが難しいけど、最悪しんどくなってもお姫様は残そう。


 ぼんやりそんなことを思いながらやっていたら、きましたよチャンスが。

ドラゴンの心臓5

 この場面、嫁は宝箱取るときにお姫様を使い切ってるはず(たぶん)。

 いまお姫様出せば、ドラゴン像ゲットじゃ!

 
ドラゴンの心臓6

 ゲットしました。

 手札6枚。イェーイ。

 
思わぬ展開

 ところが。

 実際ゲームを支配していたのは完全に嫁でした。

 
 後から聞いたら、船カードを初回から大量に抱えていたらしい。

 常に自分に都合のいいように決算期をコントロールする嫁。

 
 折角6枚の手札でストレスなくプレイを続けるも、獲得するカードが少ない。

 対して嫁は、船で回収されるヒーローやドラゴンハンターに加え、4枚目に出したら回収となるおっちゃんカードをぽんぽん獲得していく。

ドラゴンの心臓7

 正式にはドワーフカード。

 宝箱や石像ドラゴンと同様、置かれるだけのカード。

 これを嫁は一気に2枚出しとか3枚出しとかして手に入れていきます。

 一枚一枚の点数は低いですが、後から思えばコレが非常に効いていました。

 私「またおっちゃん取るか」
 嫁「なんかおっちゃんばっかり引いてくるねん」


  —・—

 そして獲得カードを増やせないままゲームは最終ラウンドへ突入。

 
ドラゴンの心臓8

 あと船1枚出たら終わり。

 だめだ、絶対負ける。

 その前に今手元にあるこれとこれをなんとか獲得できるように回して……。

 
 あ、嫁がドラゴンハンターたまってるの確認してる。

 やめろー!

 嫁「じゃ、船出します」

 ……ゲーム終了。

得点ならこの方

 おなじみのこの方にお越しいただきました。

 どうぞ、こちらです、どうぞどうぞ。

ドラゴンの心臓得点

 カルカソンヌ得点ボードです。

 白コマが嫁、黒コマがダルニ。


 嫁「1点のカードはえっと、19枚」
 私「おれ10枚」

 そんな感じで進めていきます。

 1点のカードと2点のカードを集計したところでこうなりました。

ドラゴンの心臓得点2

 ちょっと見にくいですが、7点差。

 だめだ巻き返せてない。


 で、最終結果。

ドラゴンの心臓得点3

 嫁64点。
 私47点。

 これに私はドラゴン像を持っていたためボーナス3点加わります。

 焼け石に水。
 完敗。

 
  —・—

『ドラゴンの心臓(Drachenherz)』2010:リューディガー・ドーン:KOSMOS:2人:8歳以上

このゲームの評価
    …B
(負けたから、というわけではないのですが、なかなか面白みが掴みづらいゲームのように思いました。
 あ、ルールは掴みやすいです。すぐ遊べます。
 ボードもカードもわかりやすくて綺麗です。
 ただ、「場と手札を見ながらその手番に適当と思える手続きを踏む。それを毎回繰り返すだけ」というプレイに陥りがちで、これは私と嫁の精進が足りないせいかもしれませんが、ゲームそのものにも問題点があるかと思います。
 自分と相手の点差が今どのくらいかというのも、ぼんやりとしかわかりませんし。
 相手のクセとか性格とかからガチガチに読み合いをすると面白いかもしれませんが、そんな雰囲気のゲームでもありませんし。
 不可避にして尋常ならぬジレンマに身悶え、という箇所がどこかに欲しいです)


おまけ・ちょっと考えた

 勝った嫁いわく「なんか勝ち負けのこととか忘れてた。終わってみたら勝ってた」とのこと。
 どうやら手札を有効に回すことに忙殺されて、互いの点数状況まで注意がいかなかった模様。
 こちらとしても「気づいたら負けてた」という印象です。

 そこで、互いの得点状況をある程度まで見通せるようにし、かつ船カードによる決算を起こしにくい状況を作ればもうちょっと盛り上がるのでは?と考えました。

 でとりあえず思いついただけのヴァリアントなのですが、

 ・ラウンドを現行の3ラウンドから4ラウンドにする
 ラウンドを終了に導く船カードは互いのデッキに6枚ずつあります。使い切るというかたちにすれば4ラウンドは不可能ではありません。

 ・さらに2ラウンド目終了時点で得点計算を行い、どちらが勝っているかを可視化する
 もちろんカルカソンヌボードに手伝ってもらいます。
 計算後、獲得したカードからn枚、自分のデッキから出たカードをランダムに選び、これから使用するデッキに戻す、みたいなこともできるかも。
 役目を終えた船カードからn枚デッキに戻す、なんてことも。

 ・後半の3ラウンド目と4ラウンド目では獲得した点数を倍にして計算する。
 逆転可能性要素を盛り込んだわけです。
 船はかつかつの枚数しかないので勝っている側からの決算早期化はまず起こりにくいですし、その前にデッキが枯渇してゲーム終了というパターンが圧倒的に多くなるでしょう。

 以上です。
 ううむ、どうかな……。
 私が思いつくくらいのことはデザイナーやメーカーの方々でさんざん検討されているはず。
 やってみないとわかりませんが、グダグダ感が増すだけのような気も。

 試してみたら、またレポート追記します。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

告知!
次のほっとゲーム会は……

未定!




ほっとゲーム会
プロフィール

ダルニ

Author:ダルニ
東大阪→高松市在住。書店員
年上の嫁と小六の息子との3人暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

ボードゲーム 意志蹴りアーカイブ 職場ボドゲ部 デザート*スプーン ノートルダム キッズゲーム Perfume ペガペガ 二人用ゲーム ワッツさん宅ゲーム会 レトロビルでゲーム会 ブルゴーニュ チケットトゥライド パトリツィア 賽苑 マカオ SCLL 嫁とゲーム ごいた カルカソンヌ トロワ ペルガモン DDT スコットランドヤード グレンモア 八戸ノ里 アグリコラ キウイゲームズ プレイレポート 人狼 王と枢機卿 ワッツさん宅 映画 クレタ オリンポス ほっとゲーム会 読書 テネリフェ ディスタウファー フィレンツェ 国産ゲーム ピラニアペドロ スノーの酒場 小箱カードゲーム ロストテンプル 拡張 ゼロ ゲーム周辺 楽しい動物園 ギフトトラップ クメル チャオチャオ キーラルゴ カヤナック カタン 大人のボードゲーム部 サンタクルーズ フォーセール ディ・スタウファー ひがっち たほいや ニムト 大聖堂の建設 かたちラボ タンサンファブリーク FOLK ベジン トーレス バトルライン エルグランデ chouchou ダズル フュージョン 

つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンク集(ボードゲーム関連)
リンク集(ボードゲームショップ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
カウンター