FC2ブログ

一年の終わりに

 息子に付き合って、というより、自分が観たいがためにそろそろだろうと決めつけて、第一話から録画して(いちおう息子と)観てましたゴセイジャー。

 
 本日めでたく最終回。

 お疲れさまでございました。

 そういえば一年通して観たのはタイムレンジャー以来。

 あれももう十年くらい前ですね。早いなあ。

 
 というわけで、この約十年間の戦隊ヒーローは完全にスルーした上でごちゃごちゃ言ってます。という前置きで。
物語

 ちょうど去年の今頃、設定段階から「ああ、こりゃどストライクな勧善懲悪だなあ」と感じた通り、どストライクど真ん中直球勝負な戦隊でした。

 その代わりというかなんというか、襲来する敵は3種類というバリエーションっぷり。直球で引っ張るには相手をコロコロ変えねばならんかったか、という印象です。

 
 しかも、最後にして最大の敵は先輩護星天使。「正義の護星天使vs悪の護星天使」というありがち構図に「勝手にやってろよ……」とこちらは半ば呆れがち。

 毎週「星を護るは天使の使命!」とか叫んでましたが、使命という言葉がいったいぜんたいどういう意味なのかと自問自答し続けるような終盤。

 ヒーローものにこれ以上のものを求めるのは無意味かもしれませんが、もう少し「やり切れなさ」みたいなテイストも欲しかったような。

 
 とはいえ、実は正直なところ面白かった。

 5人の演技が良かったです。彼らの演技がなければ一年間は付き合いきれなかったと思います。

 毎年好例「微妙タレント枠」の山田ルイが残念でした。

 
合体ロボ

 残念といえば護星マシンでしょうか。

 ヘッダーなるパーツの付け替えは、扱いが容易でまた壊れにくいものなのかもしれませんが、私の心は燃えませんでした。

 オーレンジャーみたいにごちゃごちゃとロボの種類ばかり増えるのも嫌ですが、もう少しなんかなかったものでしょうか。

 ヘッダーの胴体がそれぞれあって、胴体同士も合体できたりすると(普通のアイデアですが)、きっと合格。

 でもそれだと物語部分がスカスカになってたかもしれませんね。むう。

 
 で結局のところ、ヘッダー出しすぎたんじゃねえの的なところで落ち着いてしまった私の不満。
 
 次に期待ですよ。

 
さーて来週の戦隊さんは?

 次はゴーカイジャー。海賊戦隊。

 漢字で書くと「豪海者」かしら。

 そして、正統派ゴセイジャーの真逆を行くワル路線。海賊。

 今や国民的人気を誇るストローハットのゴム野郎が及ぼした影響でしょうか。

 さらに、これまでの戦隊たちの力を受け継いでいるらしい。どういうこと?

 
 引き続き見守っていきたいと思います。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

告知!
次のほっとゲーム会は……

未定!




ほっとゲーム会
プロフィール

ダルニ

Author:ダルニ
東大阪→高松市在住。書店員
年上の嫁と小六の息子との3人暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

ボードゲーム 意志蹴りアーカイブ 職場ボドゲ部 デザート*スプーン ノートルダム キッズゲーム Perfume ペガペガ 二人用ゲーム ワッツさん宅ゲーム会 レトロビルでゲーム会 ブルゴーニュ チケットトゥライド パトリツィア 賽苑 マカオ SCLL 嫁とゲーム ごいた カルカソンヌ トロワ ペルガモン DDT スコットランドヤード グレンモア 八戸ノ里 アグリコラ キウイゲームズ プレイレポート 人狼 王と枢機卿 ワッツさん宅 映画 クレタ オリンポス ほっとゲーム会 読書 テネリフェ ディスタウファー フィレンツェ 国産ゲーム ピラニアペドロ スノーの酒場 小箱カードゲーム ロストテンプル 拡張 ゼロ ゲーム周辺 楽しい動物園 ギフトトラップ クメル チャオチャオ キーラルゴ カヤナック カタン 大人のボードゲーム部 サンタクルーズ フォーセール ディ・スタウファー ひがっち たほいや ニムト 大聖堂の建設 かたちラボ タンサンファブリーク FOLK ベジン トーレス バトルライン エルグランデ chouchou ダズル フュージョン 

つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンク集(ボードゲーム関連)
リンク集(ボードゲームショップ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
カウンター