FC2ブログ

ワニに乗る?:アローン検討

 ワニです。動物オン動物。


 サイコロを使った戦略型ファミリーバランスゲームです。

 乗せるのは、7種の積み木。羊、蛇、猿、ハリネズミ、エリマキトカゲ、ペンギン、あとくちばしのでかいカラスっぽい鳥(家では「とり」と呼んでいます)。


 このツルツル軍団をどう攻略するか。

 脇で適当に乗せまくる息子の妨害にもくじけず、がっつり検討しました。余儀なく!そして大人げなく!

 
(『ワ二に乗る?』のルールはひらがなインストをご参照ください。だいたいあのとおりです。)

 では早速参りましょう。

 



ワニひつじ

 ひらがなインストの最後にも書きましたが、でかくて重い羊はこのゲームのキモである、と私はにらんでいたりします。

 土台のワニと同等の厚みがあり、せなかのもこもこは引っかかりそうで引っかからない。なかなかに困った家畜です。

ワニ羊の厚み

 ↑羊は分厚い。

 状況にもよりますが、早めに乗せておきたいコマです。

 手の目ではまず羊を乗せてもらい、はてなマークの目が出たら羊を選んでやりましょう。


 もし2の目が出て、どうしても羊を乗せる必要が生じたときは、お腹を上にして乗せられないか工夫しましょう。
 次の動物を乗せるにあたって、まだ背中よりは安全性が高いと思います。


  —・—



ワニへび

 へびのにょろきちです。

 あ、いまてきとーに名付けました。すいません。

 ほんとうはニョロロフ、ウクライナから来ました。

 そんなニョロロフは、動物たちのなかではわりと素直なかたちをしています。素直、と言っても思いっきりうねうね曲がったワインディングアニモー君なヘビ野郎なんですが、ここで言うのは置くときに重心を見定めやすいという意味での素直さなのです。

 ところが要注意。蛇(なんか名前とかどうでもよくなった)は細いのです。

ワニへび細身

 ↑羊やワニと比べると、厚みが全然違う

 
 細い分軽くできており、中盤から終盤にうまく置いていきたいコマです。

 ワニの目が出たときに土台として蛇を選ぼうとすると「後のプレイヤーが有利になるのでは」という考えも起こりますが、この点も気にしなくてよいかもしれません。

 この微妙な細さは、後のプレイヤーにとって結構神経を使う妨害要素だと思います。

 
 ただ、蛇の上は蛇を重ねる絶好の蛇消化ゾーンですので、後のプレイヤーが蛇を持てあましていないかしっかり観察する必要があります。
 
 そして、蛇の長さに見合わないようなところに蛇を置かざるを得ないような状況というのも、なかなかしんどいものがあります(例:ペンギンの頭上)。

 こう見えてあんがいな曲者なにょです。

 
 って元から曲がってるし。蛇やし。





ワニさる


 ワニメンバーの干支シリーズ3匹め、猿です。

 
 これなにのおさる?と息子が言うてます。

 よし答えましょう。ジョージ的なおさるじゃ!

 −なんのじょーじ?

 さるの。

 −なにのさる?


 ああ、エンドレス。三歳児との会話はときに泥沼。

 
 猿は割と安定感のあるコマです。重心のある背中を下にすれば、突き出た手足によるひっかかりも大きいので、後の展開が大きく変わります。


ワニさるハリネズミ


 ↑猿のお腹はハリネズミの足とぴったり。


 お尻を下にしようとすると、後ろに転がりやすくなります。

 また、上から動物たちの隙間に腕や足を差し込んで乗せようとすると、思ったより深くくさびに入ってしまい大怪我につながる可能性あり、です。


 
ハリネズミ

ワニハリネズミ


 ツルッツルなワニメンバーのなかで、唯一ギザギザな背中を持つ男。それがハリネズミです。

 勇者。勇者と呼ぼう。

 リアス式。リアス式と呼んでもいいかもしれない。

 でも、ほんとうはどっちだっていい。


 ハリネズミは、エリマキトカゲやペンギンと同じく、足下がフラットです。

ワニフラットスリー

 ↑こういう状態。

 フラット3。フラット3と呼んでもいいかもしれない。


 いけないかもしれない。

 とにかく、このベタ足は土台には向いていても、積むのには全く適していません。

 さらにハリネズミは、頭も尖っています。


 あとあとのことを考えると、お腹を上に向けて乗せるのがベターではないでしょうか。背中がうまくひっかかればですが。


エリマキトカゲ


ワニトカゲ


 エリマキトカゲが流行ったことがあります。

 いまの若い世代にその現象をどう説明してよいやら…。とにかく流行ったのです。


 こういう恥ずかしいことが当時いろいろありました。ウーパールーパーとか。

 
 そんなことはたぶん露ほども知らない、エリマキトカゲコマの話でした。

 エリマキトカゲ、では長いので以後トカゲ。



 トカゲは結構扱いづらいコマです。

 引っかかるところが足しかなく、しかも浅い。それから頭の起伏はすこし厄介です。ハリネズミと同じく、寝かせるのが良いかと。

ワニトカゲネズミ


 ↑寝かせるとハリネズミの背中がハマる

 
 
ペンギン

ワニペンギン

 細くて小さくて軽いペンギンさん(なぜかさんづけ)は、これまたベタ足(仮名フラット3)です。

 立てようとすると安定が悪いので、コマの間にうまく置くか、でなければ寝かすしかないように思います。

 
 さんざん乗せきって、終盤でてっぺんに乗せる、というのも作戦としてはアリでしょう。

 ワニの目のときに土台に選べば、直後のプレイヤーは少しイヤかも。



 ここで、突然ながら番外編!

 ペンギンさんと言えば、そうあれですね、

 「オイ、それはオレの魚だぜ!」です!(そうか?)

 とにかくそーゆーことですので、

 ↓『オイ、それは』風に並べてみたよ!たはむれに!

ワニペンギン風

 ペンギンさん以外のコマたちががっちり組み合うかたちだったら「オイ、それは〜」式にもあそべたりしちゃうのになー。

 ワニを取ったら5点とか。ワニを取ったらそれ以前に取っていたほ乳類が一匹食べられてしまうとか。

 変則ルール妄想したりして遊んでしまいました。

 こういうのも一興かと。


 
とり

ワニとり

 箱の絵を見てああこれはカラスだ、と思ったのですが、カラスと言っても息子が認識してくれません。

 黒くないからでしょう。カラスは黒いものなのです。


 というわけで我が家ではとり。


 とりはなかなかの問題児です。

 重心が高く、普通に立てようとするとなかなか安定しません。


 ですが意外と、ワニとの相性は良かったりします。

ワニとり3


 ↑背中のぼこぼこにはまる。


 くちばしを支えてくれる相手さえいれば、うまく立ってくれます。


 羊に次いで、なるべく序盤に消化しておきたいコマです。

 そうでなければやっぱり寝かすか、逆さまにするなどして使いたいですね。


ワニ


ワニワニ

 でこぼこにしてツルツル。

 見事な曲線美を身体中のそこかしこで見せる一匹の爬虫類。

 それがこのゲームのワニ。土台のひとです。つーかワニです。

 
 絶対に最下層となるワニですので、ゲームで重要な役割を果たすのは最初だけかもしれません。

 しかし、ワニの上の第一層がしっかりしていれば後が楽ですし、高く積み上がった方がゲームとして盛り上がること間違いなし。

 というわけで、ワニに置くならここ、そしてこれ、という定石をさぐってみました。


⑧−A尻尾

 少しだけ上に巻き上がった尻尾。

 このポケットにはいろいろとコマがはまるようになっています。

ワニ尻尾ひつじ

ワニ尻尾とり

ワニ尻尾さる

 ここはぜひ活用したいポイントです。

 尻尾を制するもの、ワニを制す、です。はい出ました、ワニ格言。

 上の3匹以外にも、トカゲ、ペンギンさんの頭部にしっくりきます。



⑧−B鼻(顔)
 次の画像を見てください。

ワニ鼻ひつじ

ワニ鼻とり

ワニ鼻さる

 尻尾のときと同じ連中がはまっております。芸のない連中だ。

 背中はぼこぼこしてひっかかりはあるけれど、そのぶん山なりになっていて滑りやすい。

 それに比べて、鼻の上は比較的水平で、コマが落ち着けるようになっています。ここも、カーブをうまく合わせたいところ。

 トカゲの頭にもフィットします。

 ハリネズミをうつぶせに置くのもあり。ハリネズミの背中のギザギザが水平になります。

 
 
⑧−C背中

 とにかく水平に補正して第二層を置きやすくすることをこころがけます。

 とういうわけでこんな感じ。

ワニ背ハリネズミ

ワニ背水平

ワニ背ペンギン

 ペンギンさんのシンメトリーが美しい。

 これだけ見てると第五層くらいまで積めちゃうような予感が。


 でもそのうち必ず崩れちゃいます。

 スリルを持続させるためにも、なんとか上まで積み上げたいものです。



最後に

 結論めいたものをちらほらと。

・まず、真っ先に手元からなくしたいコマ→もちろん(次点でとり

 三層目あたりで、とかありえないし。無理だし。

 も大きめなので、なるべく早めに消化しておきたい。

 
・延長する土台に使いたいコマ→やっぱり

 安定性、ということでいけばエリマキトカゲもあり。

 残ってしまっていればも。


・いやがらせなら→あえて言うならペンギン

 基本、どのコマもやらしい置き方をすればいやがらせに使えそう。ですが「このゲームのサイコロには他プレイヤーに乗せさせる目がある」ということをお忘れなく。


  —・—

 以上で、アローン検討(とりあえず)終了。

 またなにか(気の利いたヴァリアントとか)思いついたら加えていきます。


 それでは。


ワニピラミッド
 
 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:アナログゲーム - ジャンル:ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

告知!
次のほっとゲーム会は……

未定!




ほっとゲーム会
プロフィール

ダルニ

Author:ダルニ
東大阪→高松市在住。書店員
年上の嫁と小六の息子との3人暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

ボードゲーム 意志蹴りアーカイブ 職場ボドゲ部 デザート*スプーン ノートルダム キッズゲーム Perfume ペガペガ 二人用ゲーム ワッツさん宅ゲーム会 レトロビルでゲーム会 ブルゴーニュ チケットトゥライド パトリツィア 賽苑 マカオ SCLL 嫁とゲーム ごいた カルカソンヌ トロワ ペルガモン DDT スコットランドヤード グレンモア 八戸ノ里 アグリコラ キウイゲームズ プレイレポート 人狼 王と枢機卿 ワッツさん宅 映画 クレタ オリンポス ほっとゲーム会 読書 テネリフェ ディスタウファー フィレンツェ 国産ゲーム ピラニアペドロ スノーの酒場 小箱カードゲーム ロストテンプル 拡張 ゼロ ゲーム周辺 楽しい動物園 ギフトトラップ クメル チャオチャオ キーラルゴ カヤナック カタン 大人のボードゲーム部 サンタクルーズ フォーセール ディ・スタウファー ひがっち たほいや ニムト 大聖堂の建設 かたちラボ タンサンファブリーク FOLK ベジン トーレス バトルライン エルグランデ chouchou ダズル フュージョン 

つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンク集(ボードゲーム関連)
リンク集(ボードゲームショップ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
カウンター