FC2ブログ

サンタクルーズ:箱を開けよう!

 クレタ、キーラルゴに続き、我が家に島ゲーが増えました。

 
 マルセル=アンドレ・カサソラ・メルクル作「サンタクルーズ」です。

 
サンタクルーズ

 キウイゲームズのセールで購入しました。

 ちなみにシャハトの「アフリカーナ」やリーネックの「サンチアゴ・デ・クーバ」も迷いました。

 セールは1月14日まで開催中。みんな急げ!
 
箱の周辺

 シュリンクを開ける前に箱周りを見てみましょう。

 
サンタクルーズ箱

 プレイ人数は4人まで。

 5人まで遊べると使い勝手が良いのですが贅沢は言えません。

 45分程度の表示が本当かどうかはわかりませんが、それなりの収束性を予感させます。

 
  ー・ー

 ではシュリンク破ります。

 
サンタクルーズ開け1

 めりめり。

 
サンタクルーズ開け2

 破りました。

  ー・ー

 さて、いつもならこの辺で本と並べて箱の大きさをアピールするところなんですが。

 その前にハタと次のような疑問が。

 
 そもそもこのゲームの舞台、どこにある島なんでしょう?

 ルールブックによくある「〇〇世紀のスペイン人たちはうんぬんかんぬん」的な背景説明もこのゲームにはありません。

 また、この島が「大西洋の」とも「太平洋の」とも、書かれていません。

 いわば蛇足的な記述が、何もないのです。

 
 では、「地球上にSanta Cruzという島がないのか」というと、ちゃんと存在します。

 
 エクアドル領ガラパゴス諸島サンタクルス。

 イザベラ島に次ぐ2番目に大きい島、とのことです。

 
 でも、この島がそのサンタクルス島だとしたらテーマはもっとダーウィン寄りにしてもいいはず……。

 あとでボードを広げますが、そこに描かれた島の形もサンタクルスとは微妙に違ってます。

 
 なんというか、「これ」が「それ」という確証がない。

 
 そんな風に考えた結果、私の結論は「どこかにあるそれっぽい架空の島」です。

 というか、基本ボード上の島は現実とはかけ離れていますが(例:サムライ)。

 まあ、気分の問題ですよ。

 
 以上の結果、私の中では架空なので、ここは最もふさわしかろうと思われる岩波文庫の『ビーグル号航海記』を敢えて並べないことにして、悩んだ末同じくハンスイムグリュック社のカルカソンヌと比較してみました。

 
サンタクルーズ大きさ

 カルカソンヌよりちょっとだけ大きいですね。

 アレア大箱サイズです。

 
開ける

 ではいよいよ開けますよ。

 この瞬間の脳内ドラムロール、誰にも聞こえませんが俺には聞こえるッ!

 
サンタクルーズ開け3

 ぱか。



サンタクルーズ内容物

 中のものを出しました。

 
サンタクルーズボード表

 早速ボードを広げます。

 六つ折なので、かなり大きいですね。

 サンタクルス島(ガラパゴス)、っぽいちゃあぽいし……うーん。

 
 モチーフのことは置いといて、綺麗で見やすいので好き。

 
サンタクルーズボード裏

 ちなみにこちらはボード裏面。

 箱絵のセピアヴァージョンですね。なぜ。

 
その他部品

サンタクルーズコマ1

 次はコマの検品します。

 えっと、52個だから各色14で……で、50点マーカーが8……。

サンタクルーズコマ2

 全部ありますね。

 


サンタクルーズシート

 次は、タイル&チップのパンチングシート。

 枚数確認スミ。欠品なし。

 
サンタクルーズタイル抜き

 取り外します。

 
サンタクルーズタイル

 取り外しました。

 
サンタクルーズ片付け1

 タイルを種類ごとに袋に分け、先ほどのコマも色ごとに分けました。

 
サンタクルーズカード1

 次はカードですね。

 


サンタクルーズカード2

 まず得点計算カード16枚。

 ばっちり揃ってます。

 
サンタクルーズカード3

 次は建物カードのセロファンを取ります。

 ぴーっと。

 
サンタクルーズカード4

 A〜Dの4セット、確かにありました。

 
サンタクルーズ片付け2

 それぞれのセットごとに袋に入れて、得点計算カードも袋に。

 この建物カードの手札が非対称なのが良いですよねー。

 
  ー・ー

 セール品を慌てて買ったので思いがけず入手した形になったこのゲーム。

 しかしもともと「面白そうだなー、やってみたいなー」と注目はしておりました。

 一人で回してみても、やっぱり面白そう。

 
 職場ボドゲ部やレトロビルでさっそく遊んでみたいと思います。

 とりあえず、カードセットの内訳シートを自作しましょうかね……。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

告知!
次のほっとゲーム会は……

未定!




ほっとゲーム会
プロフィール

ダルニ

Author:ダルニ
東大阪→高松市在住。書店員
年上の嫁と小六の息子との3人暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

ボードゲーム 意志蹴りアーカイブ 職場ボドゲ部 デザート*スプーン ノートルダム キッズゲーム Perfume ペガペガ 二人用ゲーム ワッツさん宅ゲーム会 レトロビルでゲーム会 ブルゴーニュ チケットトゥライド パトリツィア 賽苑 マカオ SCLL 嫁とゲーム ごいた カルカソンヌ トロワ ペルガモン DDT スコットランドヤード グレンモア 八戸ノ里 アグリコラ キウイゲームズ プレイレポート 人狼 王と枢機卿 ワッツさん宅 映画 クレタ オリンポス ほっとゲーム会 読書 テネリフェ ディスタウファー フィレンツェ 国産ゲーム ピラニアペドロ スノーの酒場 小箱カードゲーム ロストテンプル 拡張 ゼロ ゲーム周辺 楽しい動物園 ギフトトラップ クメル チャオチャオ キーラルゴ カヤナック カタン 大人のボードゲーム部 サンタクルーズ フォーセール ディ・スタウファー ひがっち たほいや ニムト 大聖堂の建設 かたちラボ タンサンファブリーク FOLK ベジン トーレス バトルライン エルグランデ chouchou ダズル フュージョン 

つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンク集(ボードゲーム関連)
リンク集(ボードゲームショップ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
カウンター