FC2ブログ

楽しい動物園

 ボドゲフリマでとある未開封品を購入したことは既に書きました。(こちら

 
楽しい動物園

 オーズーレミヨ、こと「楽しい動物園」です。

 
 箱絵は動物たちが活き活きと描かれ、お子様が飛びつきそうなデザイン。

 実際、うちの息子も早速興味を示しました。

 
 が、けっこうシビアな競りゲームだという風の噂……。

 
開封作業

 ま、何ごとも噂で判断しては行けませんね。

 とにかく遊んでみなくては。

 遊ぶためには、やっぱり開けないとね。

 
楽しい動物園1


 ということで早速!シュリンクをぺりーっと取ります。

楽しい動物園3

 取りましたよ。和訳はついてなかったのでplay:gameからダウンロードしてきました。

 
楽しい動物園4

 はい開けました。

 ルールブック、ちょっとだけ箱絵と違いますね。

 中央のオランウータンの目線など。

 
 ちなみに元はドイツのツォッホ出版が出したこのゲームですが、私の入手したものはフランスのギガミック社が発売したもの、のようです。

 なのでルールブックもフランス語とあと英語。

 ノートルダムやオリンポスでの経験があるので、英語ルール付いてるとなんとなく安心しますね。(「ノートルダム:小ネタ集」、「オリンポス:ルールブック上のいくつかのこと」をご参照ください)

 通して読めたりはしないのですが。

 
検品作業

楽しい動物園5

 中に入っていた用具類をすべて出してみました。

 数を確認しつつ、すぐ遊べる状態に持っていくことが今回の目的です。

 
楽しい動物園コマ1

 はいコマ。

 ぐちゃっと入ってますね。

 これを開けて、分けます。

 
楽しい動物園コマ2

 するとこうなります。

 ふむふむ、右側の色付きコマは、プレイヤーの持ちゴマじゃないのかー。

 
 白い円柱状のものは「動物園コイン」。

 その形状でコインと言い張るのか。そもそも動物園コインて何なんだ。

 的なツッコミもありーの……。

 
楽しい動物園コマ3

 これ。

 このベンチですよ!

 素晴らしい造型です。手触り最高。

 この辺にツッフォのこだわりが感じられます。いい仕事です。

 
楽しい動物園タイル1

 続けてタイルを抜いております。

 これを巡って競りをするんですね。

 
楽し動物園タイル2

 タイル抜き完了。 

 
楽しい動物園タイル3

 で、早速組み立ててみました。

 各プレイヤーが持つ、動物園のゲートです。

 ここから動物園の建設がスタート。さらに衝立にもなっております。

 
 そのスタート位置から増やしていくタイルがこちら。
 
楽しい動物園タイル4

 流石ツォッホはすごいというかわかってるなというか、描かれている動物が一つ一つ違うというところが素晴らしい。

 遊んでる最中「パンダの集客パワーwww」とか「なんのこっちはイルカショーじゃ」とか言えるのだ、そうやって「俺の動物園」で自慢できちゃうんだ、とこの段階から想像できるのが熱いですよ。

 
 あと、モノクロになってる裏面はちょっと怖いですね。

 
楽しい動物園タイル5

 こちらの旗のタイルは、競りの優先順位を決めるためのものです。

 
 このゲームの競りは握り込み方式。
 
 手持ちの動物園コインを任意の数だけ握り込んで、一斉にオープンしてその数を競うのです。

 で、同数の場合、旗が上にあるプレイヤーが競り落とせるのです。


 
楽しい動物園スコア

 あと、点数記録用シート。

 無くなるまで遊んでみたいものですな。

 
  −・−

 そんなわけで検品終了!

 欠品なし。

 
楽しい動物園片付け

 そして、すぐ遊べるように、と小さい袋にコマを分けていれると、こうなりました。 

 あまり変わらず……。

 動物園ゲートのタイルも別にして袋に入れました。

 
大きさを比べる&そのほか

 箱の大きさはこんなもんですよ。

楽しい動物園大きさ

 隣にあるのは大長編ドラえもん「のび太の大魔境」です。新書サイズ。

 おそらく来年のドラえもん映画はこれのリメイク(推定)。

 原作が好きなので、面白くなってくれるといいなあ……。寺本監督にやってほしかった。

 
 あ、えーと「ワニに乗る?」とか「カルタヘナ」とかと同じサイズです。

 
  −・−

 息子が動物や恐竜を好きで、そういうテーマのゲームは色々持っていてもいいだろうとずっと思っております。

 それで実際に息子と遊べるかは別として。

 
 この「楽しい動物園」はジョーコデルモンドで無印ながらも好意的に紹介されており、これまた楽しそうな紹介記事でしたので結構前から欲しかったゲームでした。

 国内のショップではなかなか売っていない品ですが、息子はまだまだ目安の年齢(9歳)に達していないので特には焦らず、買えなければ買えないでいいやと思っておりました。

 
 それが、ボドゲフリマのボードゲーム研究会ブースで破格で売られていたのです。

 しかも、未開封。

 
 ところがいつまでたっても売れていきません。

 おかしい。そんなゲームではないはずだ。

 ……どうやら和訳がついていないのがネックになっていたようです。

 
 持ち主のTROが「ダルニさんなら(値札より)安くしますよ。実は家にもう1つ同じのあるんすよ」とまで仰られ、しかもそれが更なる価格破壊。

 何も買わないという固い決意を胸にスタッフとして参加したボドゲフリマでしたが、ここで遂に決意を曲げてしまいました……。

 
 もちろん全然後悔してません。

 箱を開けるだけでテンションの高まる上質コンポーネントのゲームを、こうして安く譲ってもらえた縁に感動すらしています。

 TROさんありがとうございました!

 大事に、そしてできれば最大限面白おかしく遊ばせていただきます!

 
おまけというか愚痴

 先日、息子とリアル動物園に(というか天王寺動物園に)行ったのですが……。

 相変わらず色々不満。

 
 たとえば、動物の解説や品種、名前など全部手書きにするだけでだいぶ印象変わるのになあ、とか。

 
 一番近場で行きやすいので、もっともっと良い動物園になってほしいなあという、ちょっと身勝手な願望でした。

ヨウスコウワニ


 ヨウスコウワニは可愛い。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

告知!
次のほっとゲーム会は……

未定!




ほっとゲーム会
プロフィール

ダルニ

Author:ダルニ
東大阪→高松市在住。書店員
年上の嫁と小六の息子との3人暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

ボードゲーム 意志蹴りアーカイブ 職場ボドゲ部 デザート*スプーン ノートルダム キッズゲーム Perfume ペガペガ 二人用ゲーム ワッツさん宅ゲーム会 レトロビルでゲーム会 ブルゴーニュ チケットトゥライド パトリツィア 賽苑 マカオ SCLL 嫁とゲーム ごいた カルカソンヌ トロワ ペルガモン DDT スコットランドヤード グレンモア 八戸ノ里 アグリコラ キウイゲームズ プレイレポート 人狼 王と枢機卿 ワッツさん宅 映画 クレタ オリンポス ほっとゲーム会 読書 テネリフェ ディスタウファー フィレンツェ 国産ゲーム ピラニアペドロ スノーの酒場 小箱カードゲーム ロストテンプル 拡張 ゼロ ゲーム周辺 楽しい動物園 ギフトトラップ クメル チャオチャオ キーラルゴ カヤナック カタン 大人のボードゲーム部 サンタクルーズ フォーセール ディ・スタウファー ひがっち たほいや ニムト 大聖堂の建設 かたちラボ タンサンファブリーク FOLK ベジン トーレス バトルライン エルグランデ chouchou ダズル フュージョン 

つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンク集(ボードゲーム関連)
リンク集(ボードゲームショップ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
カウンター