FC2ブログ

ノートルダム:小ネタ集

 なんかまた「ノートルダム」で遊びたくなってきました。
 って、年中言ってる気がします。

 
カジモド君

 (ゲームの基本的な流れなどについてはこちらを参照ください)

 今日は、そんな煮えたぎるノートルダム欲をくいっと逸らすために、普段ノートルダムについて考えていることをまとめてみようと思います。
 
前置きとして

 以下、私の戦術らしき駄文がごちゃごちゃ連なるかもしれませんが、これは「様々な状況に応じて決断を下すために、最低限こういう方針くらいは設定しておこう」という個人的覚え書きのようなものです。

 人にはそれぞれ考え方がありますし、好きな行動や振る舞いも違うでしょう。

 ですので、プレイするならこういうことくらいはみんなも踏まえといてね、というような押し付けでは一切ございません。

 
 というより、ノートルダムの醍醐味はやはりドラフトです。

 毎ラウンド、まず誰に賄賂を送るか、右手のプレイヤーから何が回ってくるか、左手のプレイヤーには何を回さない方が良いか、そもそも自分は何をするのが一番得か。それらを考え、次のラウンドのことも見据え、アクションカードを選ぶあの瞬間。

 時には断腸の思いで「今このラウンドでまさに使いたいカード」を渡さなければならない時もあります。

 
 いくら前もって「こうやろう」と思っていてもなかなか思い通りに行かないゲームなのです。

 そして、こんな風に「俺のプレイは云々」と前もってバラしてしまっても、「他のプレイヤーがそれを防げるのか」というと、やっぱりみんな思い通りには行かないので、完全には防げないとも思います。

 左手(下家)のプレイヤーはドラフトで回ってくるカードが読めて美味しいかもしれませんが、私とて展開と気分で方針を微調整することはしょっちゅうです。

 このブログでもさんざん「効果が累積しないので使わない」と書いてきたゲストハウスだって、必要だと判断したら使います。回ってくるカードに期待しても空振りに終わる可能性も高いのです。

 
 結局何が言いたいのかというと、「私がここで何を言おうと、ノートルダムはプレイ毎に違った楽しみが味わえる、素晴らしいゲームだと思います」ということ。

 このゲームの魅力は、私ごときの与太ではまったく揺るがないし、瑕もつかないのです。

 
IMG_2902.jpg
 
 では本題。

 
ルールの細かい点のはなし

 まず一点、ノートルダムについての確認事項から。

 
 メビウス訳日本語ルールの9ページ目に、「ストックに影響マーカーがない場合」という章があります。

 ここには「自分の都市区画やノートルダムに置かれている任意のコマを」移動させると書いています。

 
 問題はこの「任意のコマ」という表現です。

 
 この「任意のコマ」に「友人コマ」は含まれるのでしょうか?

 
 メビウス訳にはこれ以上突っ込んだ解説がありませんので不明。

 付属の、というか大元のドイツ語ルールを検証してみようとにらんでみても、残念、私にはさっぱりわかりません。

 
 ただ、含まれない、というのであればここは「任意の影響マーカー」と訳すべきだと思いますし、友人カードの解説部分にも「自分のコマを自分の都市区画の(中略)置きます」という書き方になっています。

 なので、と勝手に推論。

 この「任意のコマ」には「友人コマ」も含むという考え方でいいのではないだろうか。

 
 でもやはり、このままもやもやしたまま遊んでるのは良くないと思い、Board Game Geekに行って英訳ルールをダウンロードしてみました。

 すると、該当箇所には……。

 
 If a player executes an action, but has no influence markers in his supply,he may, if he chooses, move an influence marker (not his trusted friend) from any othersector (or from Notre Dame) to the sector corresponding to the action he is executing.

 
 と、しっかり書かれているではありませんか!

 
 疑問はあっさり解決。

 
 結論「友人コマは、友人カードや賄賂の効果以外では動かせない

 
 でした。

 いままで間違って遊んでたなー、というだけの話。

 
ネズミの数のはなし

 誰もがまず考えることだと思いますが、ノートルダムの人物カード(拡張含まず)に書かれたネズミ、あれの合計数を私もやっぱり数えてみました。

 
 基本の6人=7

 ステージA=5
 ステージB=6
 ステージC=5

 7×3+5+6+5=37

 
 で、計37匹です。

 
 このゲームは全部で9ラウンドですので、平均すると4匹はラウンドごとに出てくる計算になります。

 しかし、このゲームで一度でも遊ばれた方は「そんな単純な話ではない」ということもご存知だと思います。

 厄介なのはこの二人、

 
 詩人(コマを3つまで移動、移動後のアクションは無し)

 ギルドマスター(コマ2つ以上置いている区画につき2点)

 
 です。

 
 両方ネズミ3匹持ち。

 この二人のうち1人でも出てくれば、疫病は一気に進行する可能性があります。

 
 詩人は賄賂の効果による病院区画への配置転換で疫病を防げたり出来ますが、ギルドマスターはうまくすれば高得点を狙える人物でもあるので、彼が出てきたラウンドではドラフト時たいへん頭を悩ませることになります。

 しかもこの二人が中盤のラウンドで一度に出てくる場合もあり、当然二人だけでネズミ6匹。

 最悪8匹という大量発生も。

 
 そうなると卓には絶望感すら漂います。

 
 しかし、だからといって「常に病院区画にはコマ4〜5個必要だ」などとは思っておりません。そこまで疫病対策に資源を割くのは無駄だとも思っています。

 大事なのは点数を稼ぐことであって、ペナルティを覆す得点が見込めるならば、いったん疫病は無視しても構わないでしょう。

 例えば他に10点得点するチャンスがあったとして、マイナス2点を恐れるばかりにそれを逸してしまうのは、やはり良い手とは言えませんよね。

 
 病院に置くマーカー数の話に戻ると、病院以外でも、医師や大家への賄賂、また公園や馬車小屋、ゲストハウスといったアクションにより、疫病を食い止めることは可能なはずです(というかそうでもしないと実際回りません)。

 
 また、ギルドマスター出現ラウンドを乗り越えてしまえば、あとのネズミは比較的少なく、疫病対策は控えめでも充分対処可能。

 
 そんなわけで、「中盤の詩人とギルドマスターに気を配りつつ」「病院には2〜3個のマーカーを置けたら置いていくことにして」「それ以上の疫病にはその都度対処する」くらいの気持ちで毎回臨んでますよ、という話でした。

 
お布施の値段のはなし

 はい、次のテーマは「果たしてノートルダムカードは強いのか?」です。

 
 そりゃタイトルに入っているくらいなので、確かな効果を持っているカードだといえます。

 ボーナスとしての加点が一回多いわけですから無視は出来ませんね。

 
 とりあえず、お布施のタイミングで得られるのは最大6点です。

 が「3金&マーカー1個」支払うのは、ちょっとコストパフォーマンスが悪いのではと思っていたりします。

 
 マーカーのことは考えずに単純に割ってみましょう。

 1金につき2点です。

 
 同じ1金なら、賄賂を贈る方がよほど高得点の可能性があります。

 もちろん、他に有効な加点もなく、その後のラウンドにおける賄賂のお金も充分に確保できているという状況下なら3金納めるのも有りでしょう。

 しかしやはり、ノートルダムの主たる効果はステージ終了ごとに得られるボーナスの旨味だと思われますので、もし序盤から中盤で使うならお布施は1金に留めておいた方が良さそうです。

 
 さて、そのボーナスですが、

 
 2人プレイ時……6点
 3人プレイ時……8点
 4人プレイ時……10点
 5人プレイ時……12点

 
 と、これらの点数が最大で入ってくることになります。

 ただしこれはノートルダム区画に置いてるのが一人だけの場合。

 
 もし複数のプレイヤーが置いているのであれば、この点数は置いてあるマーカーで割り、さらに端数は切り捨てです。

 仮に各プレイヤーが1個ずつ置いていたとしたら

 
 2人プレイ時2個……3点

 
 3人プレイ時2個……4点
 3人プレイ時3個……2点

 
 4人プレイ時2個……5点
 4人プレイ時3個……3点
 4人プレイ時4個……2点

 
 5人プレイ時2個……6点
 5人プレイ時3個……4点
 5人プレイ時4個……3点
 5人プレイ時5個……2点

 
 という計算になります。

 
 こうして見ると、やはり「1人だけ置いてる」という状況以外はあまり美味しくないボーナスのような気がします。

 導き出されたとりあえずの方針は「3ラウンド目、6ラウンド目、9ラウンド目に誰も置いてないようなら置く」「で、誰か置きそうなら置かない」という当たり前のもの。

 
 でもこれはもちろん理想であって、そんな都合よく手番やカードが回ってくるわけでもなく、他のプレイヤーが1人だけ置いてるという状況なら、大量点がいってしまわないように誰かが止めに行かないと(「お仕事」で置かないと)いけません。

 
 結論としては「なるべくなら他のアクションを選びたいので私以外の人みんな置くといいよ、でも私も時たま置いたりします」(身勝手)という話でした。

 
最後になりましたが

 
 Board Game Geekにあったヴァリアントの1人プレイルール、英訳版をダウンロードしてみたもののやっぱりよくわかりません。

 誰か日本語訳してくんないかなー(勝手)。

IMG_2023.jpg

 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

告知!
次のほっとゲーム会は……

未定!




ほっとゲーム会
プロフィール

ダルニ

Author:ダルニ
東大阪→高松市在住。書店員
年上の嫁と小六の息子との3人暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

ボードゲーム 意志蹴りアーカイブ 職場ボドゲ部 デザート*スプーン ノートルダム キッズゲーム Perfume ペガペガ 二人用ゲーム ワッツさん宅ゲーム会 レトロビルでゲーム会 ブルゴーニュ チケットトゥライド パトリツィア 賽苑 マカオ SCLL 嫁とゲーム ごいた カルカソンヌ トロワ ペルガモン DDT スコットランドヤード グレンモア 八戸ノ里 アグリコラ キウイゲームズ プレイレポート 人狼 王と枢機卿 ワッツさん宅 映画 クレタ オリンポス ほっとゲーム会 読書 テネリフェ ディスタウファー フィレンツェ 国産ゲーム ピラニアペドロ スノーの酒場 小箱カードゲーム ロストテンプル 拡張 ゼロ ゲーム周辺 楽しい動物園 ギフトトラップ クメル チャオチャオ キーラルゴ カヤナック カタン 大人のボードゲーム部 サンタクルーズ フォーセール ディ・スタウファー ひがっち たほいや ニムト 大聖堂の建設 かたちラボ タンサンファブリーク FOLK ベジン トーレス バトルライン エルグランデ chouchou ダズル フュージョン 

つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンク集(ボードゲーム関連)
リンク集(ボードゲームショップ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
カウンター