FC2ブログ

ノートルダム:ルール説明のために2

 「ノートルダム」のルール説明の途中でした。

 
 私がノートルダムのゲーム前、初プレイの方の前で喋ることを、そのまま書き起す。そういう企画なのです。

 (1はこちら

 
  −・−

 では早速続きにいきましょう。

 アクションカードの最後の1枚、「ノートルダム」からでした。

 
ノートルダムカードの説明、おさらい、質疑応答など

 はい、では最後のカードです。

 このゲームの名前にもなっている「ノートルダム」ですね。

 
ノートルダムカード

 このカードを使う時は、真ん中のノートルダムへキューブを置きます。

 
ノートル寄付

 で、お金も必ず払ってください

 
 そうしたら、敬虔なカトリックだということで、宗教界からの名声点を得ます。

 1金払うと1点。ここに描いてますね。

 2金で3点。3金で6点です。

 
 これはカードを使った時にすぐもらえる得点です。

 
 さらに、ノートルダムにキューブを送り込んでおくと、もう一回得点できます

 

 「このゲームは9ラウンドやったら終わりです」とさっき私は言いました。

 この9ラウンドを3ラウンドごとに「A」「B」「C」の3ステージに分けるんですね。

 
 まあ3ラウンド終わると山札も尽きてまた色ごとに集めなおして山札を組みなおすので、分かりやすいと思うんですが。

 
 で、そのステージの終わりに、ノートルダムの決算。要するに点の山分けがあるのです。

 
ノートル決算1

 ここに点数書いてますね。5人なら12点です。

 
 この12点を、置いてあったコマの数で割って、それぞれのプレイヤーに点がいきます。端数は切り捨てです。

 
 例えばこんな風に置いてあったら……

ノートル決算2

 緑と赤だけが6点ずつ入る形です。

 
 こうなると……

ノートル決算3

 赤緑青に4点ずつですね。

 
 こんな場合もあります。

ノートル決算4

 これだと青に3足す3で6点。あとの人は3点ずつ。

 
 こんな感じでコマが多くなると、点数的にも旨味がなくなりますよね。

 出来れば1人でノートルダムに行きたいんですが、だいたい他の人が邪魔してきます。

 
 で、点が入ったらこのキューブは手元に返ってこずに全体のストックに行きます。出家しちゃったんですね。ローマに行くんでしょう。

 
 という山分けの3回目をやって、ゲーム終了です。

 
  −・−

 ルールは以上になります。

 もう一回ゲームの流れを言いますね。

 ラウンド開始、人物カード公開、次に山札から3枚ドロー、手札3枚色違いになるまでドラフト、スタートプレイヤーから1回ずつアクション、1周したらもう1回ずつアクション、次にスタートプレイヤーから順番に賄賂、最後に疫病が進んで、ステージの終わりだったらノートルダムの決算が発生して、それが終わってスタートプレイヤーが左に移って次のラウンド……。
 
 というのを9回やってゲーム終了です。

 
 最後に名声点を一番多く取ってた人が勝ちです。

 
 大丈夫ですか?

 理解しにくいところとかなかったですか?質問とか?

 
 なければとりあえずやってみましょう。

 またプレイ中にもおいおい説明しますし、不明な点が出てきたら何でも聞いてください。

 
 
 では!
 
 スタートプレイヤーを決めましょう!

 

補足など

 こんな感じでゲーム前のルール説明は終わりです。

 
 毎回だいたい上に書いたとおりの順番で喋ってます。

 参加者の質問によって順番が前後することのないよう、基本的に「あとで説明します」と言ってとにかくこの順番どおりにしゃべります。

 
 
 ややこしそうなところは、聞いてくれてる方の顔を見て、理解に達せられてないようならコマを動かすなどしてしつこく例示します。

 馬車、病院、ノートルダムあたりの処理や計算がちょっと難しいかもしれませんね。

 
 
 それから、よりゲームの世界に没入してもらえるよう、テーマの説明もなるべく端折らないよう気をつけているつもりです。時間がないとその辺を飛ばしてしまうのが最近の反省点ですね。

 
 
 もちろんこれで終わりではなくて、最初の3ラウンドくらいは初プレイの方にルールがきちんと伝わってるか注意しながら遊んでます。

 自分のアクションを意図を交えつつ口にして、ゲームについて来れるようにゆっくりプレイするよう心がけています。

 
 ドラフトも、最初は間違って手札に2色同じものが残すミスをしてしまいがちなので、きちんと指摘できるよう注意しておきます。

 
  −・−

 ゲーム中にも伝えるべきルールは色々あります。それもちょっと書き出しますね。

 
 
 3枚目のアクションカード……1ラウンド目に2枚目をプレイする時に重ねて出すように言います。

 
 
 お金……枚数は公開情報であること。

 タイブレークのことも(キューブ&金貨の数で勝利)言います。

 
 
 点数チップ……非公開情報なので、「表裏印刷されてるんですけど、一応積んでいってください」とか言います。

 
 
 人物……一人一人例示しつつ効果を説明します。

 詩人や医師は処理を誤りやすいので特に注意します。

 具体的には「一カ所から一カ所への移動であって、3つ自由に集めたりなどして再配置できるわけではない」(詩人)、「疫病マーカーが疫病トラックの0のところにいきなり戻るわけではなく、そのラウンドのネズミの数を数えないだけ」(医師)といったところでしょうか。

 また、2ラウンド目、5ラウンド目、8ラウンド目は、次のラウンドのネズミの数も言うようにしています。

 初プレイの方との情報の格差を少しでも減らすためです。

 
 
 大使館タイル……ある色のタイルがなくなった時は、その色を取らずに2枚目を獲得できるのですが、これはその例外処理が起こりそうな時に言います。

 また5人プレイでは点数チップが足りなくなる場合があるので、獲得した大使館タイルをそのまま最後の点数計算に使ってもらうようにしてます。

 公園のボーナス点はその都度渡します。

 
 
その他

 先ほども書きましたが、出てくるネズミの総数や、次ラウンドに出てくるであろうネズミの数は、初プレイの方がおられたら言うようにしてます。

 あとはカードの説明の時に「キューブは一杯持ってた方がいいです」とか「お金は切らさない方がいいです」とか「ゲストハウス使えねー」とか「馬車強い」とか「公園強い」とかいう感じですかね。

 
 特に市長や宮廷女官、ギルドマスターのカードを見せつつ「キューブを一杯出してると点が多く入るよ」くらいのことは言うのが義務かなとか思ってたりします。

 
  −・−

 以上で「ノートルダム:ルール説明のために」という記事は終了です。
 

 いかがでしたでしょうか。

 ここはそうじゃないとかこうしたほうがいいとかいうご意見ご感想があれば是非コメント等リアクションをいただけると嬉しいです。

 
 読み上げればそのままルール説明になる記事を心がけましたが、実際に読み上げるだけというのはおすすめしません。

 
 説明を受けている相手の様子を見て、広げるべきところ掘り下げるべきところはしっかり時間を取って納得してもらうことが大事です。

 人を見ましょう、ということです(自戒も込めつつ)。
 

   −・−

 明日は(書ければ)なぜこの記事を書いたかの話、の予定です。

 
追記

 そういえば書き忘れていたのでちょっとだけ追記です。


  −・−

 今回の記事は、「ゲーム前にどのようにルール説明をするか」という点に絞って作成しました。

 実際のゲーム中に何が起こるかを全く示していない、という点で、プレイの参考にはならないと思います。

 
 本来のノートルダムは、疫病に怯え、金貨の枯渇に苦しみ、カードの引き運に嘆き、ドラフトで阿鼻叫喚、というゲームです。

 ルール説明自体は長いですが、遊んでみると簡単ですよ。ぜひぜひ。

 
  −・−

 それから、デフォルトとして。

 3人プレイ時/4人プレイ時/5人プレイ時のそれぞれでボードの形が変わるのを嬉々として実演するよね、という話。

 ていうかせずには帰れませんよ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

告知!
次のほっとゲーム会は……

未定!




ほっとゲーム会
プロフィール

ダルニ

Author:ダルニ
東大阪→高松市在住。書店員
年上の嫁と小六の息子との3人暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

ボードゲーム 意志蹴りアーカイブ 職場ボドゲ部 デザート*スプーン ノートルダム キッズゲーム Perfume ペガペガ 二人用ゲーム ワッツさん宅ゲーム会 レトロビルでゲーム会 ブルゴーニュ チケットトゥライド パトリツィア 賽苑 マカオ SCLL 嫁とゲーム ごいた カルカソンヌ トロワ ペルガモン DDT スコットランドヤード グレンモア 八戸ノ里 アグリコラ キウイゲームズ プレイレポート 人狼 王と枢機卿 ワッツさん宅 映画 クレタ オリンポス ほっとゲーム会 読書 テネリフェ ディスタウファー フィレンツェ 国産ゲーム ピラニアペドロ スノーの酒場 小箱カードゲーム ロストテンプル 拡張 ゼロ ゲーム周辺 楽しい動物園 ギフトトラップ クメル チャオチャオ キーラルゴ カヤナック カタン 大人のボードゲーム部 サンタクルーズ フォーセール ディ・スタウファー ひがっち たほいや ニムト 大聖堂の建設 かたちラボ タンサンファブリーク FOLK ベジン トーレス バトルライン エルグランデ chouchou ダズル フュージョン 

つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンク集(ボードゲーム関連)
リンク集(ボードゲームショップ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
カウンター