FC2ブログ

職場ボドゲ部:たこ焼き幹部会篇

 昨日、6月8日。

 仕事終わりに、以前も二回お邪魔したことのある同僚シン君のお宅に上がりこみ、ボードゲームで遊んで参りました。

 メンバーは私、シン、鏑木(敬称略)。男ばかり三人。

 職場ボドゲ部の幹部たち(と、私が勝手に思っている)が、初めて一つの卓を囲みました。

 
腹ごしらえ

 シン君のお宅に着いたのが19時少し前。

 ひとまず駅前のたこ焼き屋さんで買ったたこ焼きを食べることに。

 私「みなさん食べてください。3人分で18個入りですよ」
 シン&鏑木「いただきまーす」

 
IMG_2063.jpg

 一人頭6個で3等分になるはずなのだが、私と鏑木君が何も考えず食べていてカウントしておらず。

 シン「ぼくはこっち側の6個食べましたよ」
 私「しまった、全然覚えてない」
 鏑木「ぼくもです。あ、でもいいですよ、残り食べてください」

 というわけで私が食べ過ぎる結果に。
 すみません、仕事帰りでお腹が減っていたのです。

 
 さらにコンビニで買ったおにぎりを食べる私。

 私「あ、とりあえずこれ見といてね」

 そう言って、「ノートルダム」の箱から取り出した日本語訳ルールを鏑木君に手渡します。

 鏑木「ほほう」

 シン君とは以前遊んだことがあります。

 鏑木君には、事前にメールで「ジョーコデルモンド」を見て予習しておけ、とは言っておいたのでした。

 鏑木「ふんふん。なるほど……」

 
ノートルダム

 腹ごしらえも終了し、コタツテーブルもどけたところでセッティング開始。

 シン君と鏑木君に、リファレンスシートを渡してルールを説明し、とりあえず一回やってみることに。

 使用した色は、私……赤、シン……緑、鏑木……黄、でした。

 
3ダム

 第一ラウンド。銀行や馬車などを使い、二種類のリソース(影響マーカー&お金)を獲得してゆく私とシン君に対し、公邸カードでポイントを得る鏑木君。

 私は早々にノートルダムカードを使い、他の2人にプレッシャーをかけます。

 やがて、私によるノートルダムポイント総取りを恐れてシン君もノートルダムにお布施。しかし鏑木君は着いてこず。

 その後中盤に入り、公園プラス馬車のコンボでポイントを稼ぐ私とシン君に対し、影響マーカーをどんどん増やす鏑木君。

 私「あ、あのー、言ったと思うけど影響マーカー手持ちのなくなってもボードに出てる奴まわせるですよ」
 鏑木「ええ、それはわかってます。でもほら疫病で取られるでしょ」
 私&シン「バースト前提なんや……」

 とはいえ疫病対策もしっかり行っている鏑木君。初プレイにして独自路線を切り開いていきます。

 
3ダム2

 そして終盤、鏑木君怒濤の追い上げ!

 公邸カードでガンガン勝利点を積み重ねてきます。

 私「おお、こんな戦い方が!そしてヤバい!」

 
 鏑木担当の街区、ゲーム終了時にはこんな感じでした。

3ダム3

 公邸エリアには友人コマ含めコマが5つ。

 その他あちらこちらに影響マーカー。

 でもこれ、ちょっと無駄が多いような……。

 
 で、結果は……

 ダルニ 52点
 シン 48点
 鏑木 44点

 でした。勝利。

 
 あれ、俺なんで勝ってるんだろう?

 
ノートルダム!ノートルダム!

 シン「馬車で4点タイル取れたのに間違えた……」
 私「俺も最後公邸使えば……」

 などなど感想戦を軽く行いつつ、早速2回目の準備に取りかかる我々。

 このメンバーで遊ぶときにはノートルダムくらいささっと遊べるようになりたい、そんな思いですよ。

 
3ダム2回目

 二回目はさすがに鏑木くんも作戦を変えてきました。

 いや、それにしても……。

 鏑木「さっきっからゲストハウスばっかり回ってくる!」
 私「俺も」
 シン「僕もです」

 我々には不人気、ゲストハウス。

 
 結果。

 ダルニ 55点
 シン 40点
 鏑木 33点

 
 またもや勝利!

 シン「いやー、あれが痛かったですわ」
 私「ああ、あれね。勿体なかったね」

 中盤の某ラウンド、疫病回避を諦めた私と鏑木君に対し、なんとか回避しようと奮闘したシン君でしたが、計算を間違えて結局バーストしたのです。

 シン「あそこで点数に走ってたら良かったです」

 あのネズミ八匹は病院を2枚くらい持ってないと到底回避無理でしたよ。

 で、私は、なぜ勝ってるんでしょう?

 
 まあ今回は写真をいっぱい撮ったので、いずれ近いうちにプレイレポート書きおこします。詳細はそのときにでも。

 
休憩と脱獄

 ここで一旦休憩。

 シン君におまんじゅうをいただいて食べました。

 家に押し掛けた上にお菓子まで。ありがとうございます。

 
 他のゲームを遊ぼうか、となったのですが、実は今回ノートルダムともう一種類「カルタヘナ」しか持っていってませんでした。というわけで必然的にカルタヘナ。

 
カルタヘナ

 海賊たちがカルタヘナの監獄から洞窟を通って脱獄するゲーム。

 カードを使ってコマを前に進めますが、カードの補充はコマを戻さないと出来ません。

 私は序盤から順調にコマを行ったり来たりさせながら進んでいたのですが……。

 中盤、急に手札に同じ種類のカードが集まり出します。

 カルタヘナ2

 帽子と剣。

 これで前方の帽子のマスや剣のマスが埋まっていれば一気に前へコマを運べたのですが、見事にガラ空きです。

 後から思えば、ここで効率など気にせずカードをどんどん使っていけば良かったのかもしれませんが、意地になって他の種類のカードを集めようと補充に走ってしまいました。

 しかし出てくるのは帽子か剣ばかり……。何の呪いだこれは。

 
 というわけで優勝は鏑木くん。

 大ブレーキの私ドベ。うううう。

 シン「また二位やー!」

 シン君はこれで二位キャラとして固まりつつあります。もう少し続くようなら「ステイゴールド・シン」と呼んで差し上げましょう。

 
辞去

 時計を見ると、22時を少しまわったところでした。

 私は次の日休みですが、他2人は仕事です。

 私「ではこの辺でお開きにしましょう」
 シン&鏑木「はい。お疲れさまでした」

 
 シン君にお礼を言い、家路への道すがら、鏑木君と延々ボドゲトーク。

 鏑木「スコットランドヤードを次やる時は、犯人やりますね」
 私「おお、そうですか!犯人は面白いです。孤独ですが。誰にも褒めてもらえませんが。それでも遊ぶ価値はあります」

 こんな感じ。

 最近の欲しいゲームは?と聞かれて「アルハンブラとブルゴーニュ」などと回答したり。

 私「特にブルゴーニュは今日遊んだノートルダムのデザイナー(シュテファン・フェルト)が最近デザインしたゲームです。遊んだことはありませんが、きっと面白いだろうと思うのです」

 鏑木「なるほど、ブルゴーニュですね。覚えておきます」

 そうだ覚えておけ!という念を込めてここに記します。

 
 というわけで、休みの日なのにゲームに付き合ってくれた、シン君と鏑木君、本当にありがとうございました。

 これ書いてる間も思い出して、あの楽しい気分が蘇ってきます。

 是非また遊びましょう。サンペテやりましょう。カタンも遊びたいですね。

 
 それから。

 毎度のことですが、夜遅くまで家を空けてしまって、その間息子の面倒を見てくれていた嫁にも感謝です。

 おかげで、ものすっごく楽しめました。ありがとう。

 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

告知!
次のほっとゲーム会は……

未定!




ほっとゲーム会
プロフィール

ダルニ

Author:ダルニ
東大阪→高松市在住。書店員
年上の嫁と小六の息子との3人暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

ボードゲーム 意志蹴りアーカイブ 職場ボドゲ部 デザート*スプーン ノートルダム キッズゲーム Perfume ペガペガ 二人用ゲーム ワッツさん宅ゲーム会 レトロビルでゲーム会 ブルゴーニュ チケットトゥライド パトリツィア 賽苑 マカオ SCLL 嫁とゲーム ごいた カルカソンヌ トロワ ペルガモン DDT スコットランドヤード グレンモア 八戸ノ里 アグリコラ キウイゲームズ プレイレポート 人狼 王と枢機卿 ワッツさん宅 映画 クレタ オリンポス ほっとゲーム会 読書 テネリフェ ディスタウファー フィレンツェ 国産ゲーム ピラニアペドロ スノーの酒場 小箱カードゲーム ロストテンプル 拡張 ゼロ ゲーム周辺 楽しい動物園 ギフトトラップ クメル チャオチャオ キーラルゴ カヤナック カタン 大人のボードゲーム部 サンタクルーズ フォーセール ディ・スタウファー ひがっち たほいや ニムト 大聖堂の建設 かたちラボ タンサンファブリーク FOLK ベジン トーレス バトルライン エルグランデ chouchou ダズル フュージョン 

つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンク集(ボードゲーム関連)
リンク集(ボードゲームショップ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
カウンター