FC2ブログ

職場ボドゲ部:豪雨篇

 去る8月5日、職場の人たちとボードゲームで遊んできました。

 場所は大阪難波付近某所。

 メンバーは、2回目参加のS’さん、初参加のナンデナンくん、ブルゴーニュを購入して正部員となったおなじみ鏑木くん、そして私の4人です。

 
刑事達の夏、テムズ河畔のミスターX

 この日のゲーム一発目は「スコットランドヤード」。

 ナンデナンくんのリクエストです。

 
 X役は鏑木くん。

 ところが。

 私「バイザー忘れたー!!」
 鏑木「いや、まあなんとかなりますよ」
 S’&ナン「??」

 20年前に買った当初付いていた紙バイザーは破損の上紛失。その後100均で買ったおばちゃんバイザーで代用していたのでした。

 私「いやーすまん。すっかり入れたつもりでいたのに」
 鏑木「目線はこううまくフェイクを入れます」

 というような話をしていたら、S’さんが「こんなの持ってますけど」とシャープなサングラスを取り出しました。

 S’「ダメですかこれじゃ」
 鏑木「かけてみますねー。あ、ちゃんと見えます。大丈夫です」
 私「おお!しかも悪そう!Xっぽい!」

 
 私のミスのおかげでむしろ完璧な体勢のX側に対し、我々捜査員側の布陣はというと、S’さんとナンデナンくんが刑事を2人ずつ担当し、私は控えめに1人だけ担当。

 というのも経験者は私だけ。なるべく「奉行」にはならないように心がけました。

 スコットランドヤード

 序盤からブラックチケットを連続使用する鏑木X(グラサンver.)。

 私「勿体無いんじゃない?」
 鏑木「ふふふ…」
 S’「船で移動したんですかね」
 私「なるほど。恐らくそうですね」

 そして、早めにダブルムーブも使い切ってしまう鏑木X。

 私「まあ、出し惜しみして捕まるよりは良いと思うけど」
 鏑木「使わないと捕まります」

 
 結局、中盤うまく囲い込んだ刑事側の勝利。

 鏑木「あー、このターンで出現しないといけないの忘れてたー!」
 三人「ハイお疲れー」

 X捕縛のため短めのセッションになりましたが、リクエストしたナンデナンくんには満足してもらえたようです。

 ナン「めちゃめちゃおもろいっすね。いや、こんなにも面白いとは!」
 鏑木「でもね、X捕まっちゃったけど、XはXだけの楽しさがありますよ!」
 ナン「マジっすか!うわー!」

 私の感想は「やっぱ刑事側の方が楽だー」です。毎回Xは疲れますからね。

 こうやってどんどんXやってくれる人が増えれば私は休めるしみんなが楽しめるし、一石二鳥ですよ。

 
チップがないというのはブラフではありません

 まだお昼ご飯には早いかなと思ったので、続いて「ゲシェンク」をプレイ。

 これもルールは簡単。

 手番が来たらカードを引き取るか引き取らないか選ぶだけ。

 引き取ったカードは減点になるので基本はいらないのです。

 写真は撮り忘れたのでありません。

 ここぞというカードだけ引き取ろうと思っていたら、上家のナンデナンくんがいいタイミングで引き取っていきます。私はチップがなくなるという負けパターン。

 場の流れをうまく読んだS’さん勝利。

 くそー!

 ナン「やばい。これも面白いっす」

 
昼飯&イエサブ観光ツアー

 お昼は近くでラーメン。

 アニメの話などして盛り上がりました。

 私「最近急にゴウザウラーが観たくなって」
 S’「え、なんでまた今更。しかもライジンオーじゃなく」
 私「単に好きなんですよ。ライジンオーはちゃんと観てなかったのでよく知らないです」
 S’「ライジンオーがベストです。あのシリーズは」

 とかそんな感じ。

 
 食後にイエローサブマリンなんば店へも一行を案内してみました。

 私が「クォーリアーズ入ってるやん!(ちょうど発売日でした)」とか「アルハンブラも入ってるし!(ずっと無かった)」などと言っている間に、ナンデナンくんが手に取った「くにとりっ!」や「サンダーストーン」を買いたいと言い出します。

 私「ちょ、ちょっと待って。俺そのゲーム遊んだことないから何とも言えないし、それでも面白いらしいとは聞いてるけどちょっと待て」

 ナン「いやでも、ゲーム思ってた以上に楽しかったんで」

 私と鏑木くんで、とにかく一回ネットで調べてからそれでも欲しかったら買え、とその場は何とかなだめました。

 買ったら買ったで勿論いくらでも相手になる(というか、相手してもらう)のですが、やはりゲームとプレイヤーの相性というものもありますしね……。

 とりあえず紹介記事が載っているブログをメールで教えておきました(後日、彼の決心は固く、絶対にサンダーストーン買うと言っていましたので、新紀元社の「サンダーストーン完全ガイドブック」も案内しておきましたよ)。

 
ブルゴーニュの午後

 さて、会場に戻ったはいいものの、トイレに行きたくなってしまう私。

 「次カタンやるから説明書でも読んどいて」と言い残して卓から離れようとすると、鏑木くんから「じゃあ、次ブルゴーニュやりましょうか。ルール説明しておきますんで」との提案が。

 時間があればやりたいねと言っていたので持ってきていてくれたのです。

 まだ午後の部の最初で時間に追われてもいないですし、初参加のナンデナンくんもゲーム適正は高そうなので楽しんでもらえそうです。

 じゃあそれで、とお願いすることにしました。

 
ブルゴーニュ

 まずはお試しで1ラウンド、と思ってましたがS’さんもナンデナンくんも飲み込みが早いので、そのまま終わりまでプレイ。

 前回鉱山で負けたので、今回は鉱山は取らない方針。

 お金は商品を売って何とか稼ぐことにします。4人だと点数もでかいですし。

 商品を取るためには船を配置しないと行けないわけなのですが、たまってくると鏑木、ナンデナン両氏がかっさらっていく苦しい展開。

 そんな中船は意地でも配置しないぞと何故か頑張り続けてしまうS’さん。

 S’さんは牧場に牛を揃えて大量点を稼ぎ出しますが、領地ボードは全員1号ボードなので船を配置しないと下半分に領地を広げられません。

 ダイスを労働者の雇用に取られ、後半失速してました。

 また、金満プレイの鏑木くんも労働者が足りないといってどんどん雇用に走りました。

 建物の効果で獲得した知識タイルも逆に余らせてしまったりして点は伸びません。

 
 勝者はナンデナンくん。

 豊富な労働者を生かし、牧場を捨てて建物と知識タイルに特化した作戦が最後に効きました。

 私は比較的ダイスの出目に恵まれたこともあって順調に領地を広げることができましたが、知識タイルによるボーナスの差でぶち抜かれ、9点差2位。

 他プレイヤーの得点を防ぐためにも領地を埋めることより知識タイルを取らなければならなかったかな、と後悔の残る最終ラウンドでした。

 それでも労働者やお金は使い切ったし、経過にはほぼ満足。

 いやあ楽しいゲームですこれ。

 次は違うボード使ってみたいなー。

 
3人カタン、4人カタン

 さて、いよいよカタンです。

 私「えー、このゲーム、先に10点取ったら勝ちというのが基本のルールなのですが、今回はみなさん初めてなので6点を勝利ラインにしようと思います。で、とりあえず今からルール説明しますが、まず3人でプレイしてもらって、私は横で進行役をします。最初は色々ややこしいので」

 というわけで、インスト後3人に遊ばせておいて20分程休憩。

 6点なんてあっという間です。ナンデナンくん勝利。

 鏑木「面白いですねー」
 S’「資源が全然入ってこねえ」
 私「そういうときはもっと交渉して下さいw」

 カタンというゲームがどんなものかひととおり飲み込んでもらえたようなので、この日の私の目的は達成されました。

 
 この時点で既に16時半。

 予定の終了時刻は17時ですので、違うゲーム(あと「はげたかのえじき」を持っていってました)でもしようかなと思ったのですが、皆さん延長しても大丈夫とのこと。

 というわけで私が入って4人カタン。またも写真なし。

 
 私はいつも通りのカード引きプレイ。

 道などあとまわしじゃあ。

 そんな私に対し、道はS’さんとナンデナン君が延ばし合います。

 一方鏑木くんは6の土地と8の土地に置かずに始めてしまったので資源に苦しみます。「そこで良いのか」と念を押したんですがね……。

 鏑木「麦二枚出すんで誰か羊ください」
 私「いや、だからっていきなりそんな下手に出てどうする」

 交渉はwin-winを目指しましょう。

 
 結果は、早めに都市建設を済ませ、港も押さえ、道賞をS’さんから奪い取ったナンデナンくんの連勝。

 私はソルジャーで彼から何度となく資源を奪ったのですが、あまり効きませんでした。9点(うちポインドカード1枚)で一歩届かず。

 トップとの交渉に軽々しく乗ってはいけませんぞS’さん。だから私はあんなに止めたのだ。

 
総括

 ナン「いやー、ハマりますわこれ。ボードゲーム最高っすね」

 終始成績の良かったナンデナンくん。

 そうだね、君にはセンスがあります。

 遊ぶ相手さえ確保できていればそんなに高い買い物でもないはずだボードゲームは。

 サア、オイデー、オイデー…………

 
 終わってみれば17時半を大きく回っていました。

 11時スタートなので都合6時間半も拘束!

 みなさん、長い時間お付き合いくださり、ありがとうございました。

 途中、雷が轟いていたり驟雨が窓を激しくたたいていたりしましたが、そんなことは全く意にも介さずゲームにのめり込んでしまいましたよ。毎回のことですが、本当、あっという間でしたねー。

 また機会があればご参加くださいませ。

 そしてミスターXにもどんどんチャレンジして下さいな。

 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

告知!
次のほっとゲーム会は……

未定!




ほっとゲーム会
プロフィール

ダルニ

Author:ダルニ
東大阪→高松市在住。書店員
年上の嫁と小六の息子との3人暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

ボードゲーム 意志蹴りアーカイブ 職場ボドゲ部 デザート*スプーン ノートルダム キッズゲーム Perfume ペガペガ 二人用ゲーム ワッツさん宅ゲーム会 レトロビルでゲーム会 ブルゴーニュ チケットトゥライド パトリツィア 賽苑 マカオ SCLL 嫁とゲーム ごいた カルカソンヌ トロワ ペルガモン DDT スコットランドヤード グレンモア 八戸ノ里 アグリコラ キウイゲームズ プレイレポート 人狼 王と枢機卿 ワッツさん宅 映画 クレタ オリンポス ほっとゲーム会 読書 テネリフェ ディスタウファー フィレンツェ 国産ゲーム ピラニアペドロ スノーの酒場 小箱カードゲーム ロストテンプル 拡張 ゼロ ゲーム周辺 楽しい動物園 ギフトトラップ クメル チャオチャオ キーラルゴ カヤナック カタン 大人のボードゲーム部 サンタクルーズ フォーセール ディ・スタウファー ひがっち たほいや ニムト 大聖堂の建設 かたちラボ タンサンファブリーク FOLK ベジン トーレス バトルライン エルグランデ chouchou ダズル フュージョン 

つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンク集(ボードゲーム関連)
リンク集(ボードゲームショップ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
カウンター