FC2ブログ

サマーリゾート:箱を開けよう!

 ボードゲームをもらいました。

サマーリゾート

 Letnisko。

 ポーランドのゲームのようです。

 英訳題はSummer Resort。というわけで邦訳題も「サマーリゾート」。

 
 毎週のようにお邪魔しては遊ばせて貰っているボードゲーム喫茶デザート*スプーンのマスター加藤くんと、私のボードゲーム人生にとって恩人ともいっていいマフィン屋ワッツさんが相談して買ってくれました。

 誕生日プレゼントだそうです。

 私「俺の誕生日は1ヶ月前ですが……」
 ワッツ「11ヶ月前倒しや」
 私「来年の!?」

 生き延びる楽しみが一つ減りました。

 
 

 冗談はさておき、「他人からお祝いとしてゲームをもらう」という体験が初めてで、準備していただけたことが本当に嬉しいです。

 
 それがたとえ遊んだことのない、大して面白くないゲームであっても。

 でも、このゲームは二人の選定眼レベルそのままに、とても面白いゲームでした。

 
サマーリゾート箱裏
 
 それはそれとして、まずは箱を開けないといけませんね。

 裏側をみてみると、右上に防犯タグと無効化するシール……。

 これはキウイゲームズで購入されたものに違いありません。(推理)
 
  
サマーリゾート箱裏2

 いやどこで買われたかは良い。

 どんなゲームかもうちょっと知りたい。

  
 日本語ルールを外します。

 
サマーリゾート箱裏3

 外しました。

 字ばっかり。しかもこれ……何語?(注:ポーランド語です)

 
 とにかくわからない。

 
サマーリゾート開け

 ええい開けてしまいましょう!

 シュリンクはがし!
 
 
サマーリゾート箱

 剥いた!

 
サマーリゾート猫

 お。猫。

 この「レオナルドゲームズ」というところのマークも、馬に乗ってお盆で配膳してるような、良くわからないシチュエーション。

 
サマーリゾートアイコン

 アイコン類はどうでしたっけ。

 裏側をひっくり返して確認。さすがにちゃんとしてます。

 むしろ雰囲気があっていいですね。

 
中身

サマーリゾート開け2

 開けます。ぱかり。

 ルールブック。

 
 やっぱり何語かわからない。(注:ポーランド語です)

 あ、でも英語ルールも付いてます。

 
サマーリゾート開け3

 ルールブックをどかしてみました。

 ボードがない。

 カードしかありません。

 底の方にチップのパンチングシートがありますね。

 
サマーリゾート紙

 そうそう、ルールブックの他になんか別に紙が付いてます。

 これ何でしょう?
 
 さっぱりわからない言語を読み解くのは諦めて写真などを眺めてみると、ゲームの舞台の解説のようですね。(推理)
 
 
 なんというか。
 
 作り手のモチーフに対する思い入れと言うか、気合いを感じます。

 
サマーリゾート開け4

 コンポーネントの確認のために、日本語ルールを読みはじめたところ。

 舞台がポーランドで、輸入販売元がテンデイズゲームズさんなので、これはポーランドのゲームとやっとこ推定。

 
 さすがにポーランド語はさっぱりわかりません。

 いやドイツ語もですけど。
 
 
サマーリゾートお金

 いくつか謎が解けたところで用具の確認に行きます。

 まずはこちら。お金カード。

 
サマーリゾート客

 セロファン包装を取ります。

 お金カードの裏が宿泊客の絵になっています。

 
 この人たちが自分の経営する施設に泊まりにきて、出て行くときに裏返ってお金になるんですね。

 緑の100金カード、赤の200金カード、青の300金カードがありますよ。

 
 
サマーリゾートカード

 こちらはお金/お客カードよりも大きめのカード類。

 見えているのは土地カードですね。

 
サマーリゾートカード2

 こちらも開けます。

 このパックの中に各種カードが入ってます。
 
 
サマーリゾートカード3

 種類別に分けてみました。

 枚数は全部大丈夫ですね。

 
 左の列の下の「嵐カード」は元々1枚多く入っているみたいです。

 使わないので箱にしまっといてネ、とルールに書いてますよ。

 
サマーリゾートシート

 パンチングシート。

 タイルを抜いていきましょう。

 
 
サマーリゾートタイル

 この丸いチップが各プレイヤーに2枚渡されて、手番になったら置いていくワーカーになるんですね。

 夫婦という設定のようです。

 
サマーリゾートタイル2

 抜き終わりました。

 これ、後から気がついたんですが、明らかに顔を使い回してる!(推理)

 
サマーリゾートタイル3

 チップはしっかりした厚みです。

 
 ぶっちゃけコマにしてもらっても良かった。

 コスト面でこっちが安かったのでしょう。

 また「この顔が描かれてるのが良い」という意見もありますよ。

 
 
サマーリゾート片付け
 
 さあ、コンポーネントは以上なので、片付けましょう。

 
 お金カードを全部一緒にしたかったのですが、膨らむので100金だけ別の袋にしました。

 チップはまとめて、あとは天候/列車カードの袋、土地/車カードの袋、建物カードの袋で分けました。


 原文ルールブックが下の箱と同じ縦横なので底には入りません。

 最後に蓋をする形になります。
 
 
  —・—

サマーリゾート比較

 恒例の大きさ比較行きましょう。

 横に文庫本はギュンター・グラスの『ブリキの太鼓』第一巻ですね。

 集英社文庫です。

 
 第二次大戦前のポーランドということでこれ。

 舞台は海辺の港町(ダンツィヒ)ですけれど。

 
 そしてギュンター・グラスなら「猫と鼠」くらいの小品がこのゲームの隣にはふさわしいような気がします。が、持ってない。

 ブリキの太鼓では第二部の「沸騰散」のあたりがエロティックで好きですね。映画もそのシーンが印象に残っています。

 
 大きさは、コスモスの「バベル」とか「カエサルとクレオパトラ」とか、まあアレくらいです。コンパクト。

 
  —・—

 どんなゲームかざっくり言ってしまうと「ボードのないワーカープレイスメント」。
 
 遊んでみたらテーマとプレイ感がマッチしてて、また他プレイヤーとの絡みも濃厚ではっきり言って名作です。

 かなり好きですよ。

 いやあ、いいもんもらいました。

 
 しばらくはほっとゲーム会の常連として活躍してくれそうです。

 改めて、加藤君ワッツさん、ありがとう!

 このゲーム一緒に遊んでくださいお願いします!

 
おまけキャス

 12月26日のツイキャスを貼っておきます。

 


 サマーリゾートの箱開けダイジェスト版。

 
 生開封ではありません。相変わらずの紙芝居方式です。

 だいたい50分くらいまで。

 あとは入れてもらったコンティニューコインに応じるがままにダラダラと喋っております。

 
 ご視聴いただいた皆さまありがとうございました。

 聞き返した私は最後に「良いお年を」の一言も出てこない自分の気の利かなさに赤面しております。

 無駄に長いので適当なところで切り上げてもらうのが吉。聴かなくても吉。
 

 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

告知!
次のほっとゲーム会は……

未定!




ほっとゲーム会
プロフィール

ダルニ

Author:ダルニ
東大阪→高松市在住。書店員
年上の嫁と小六の息子との3人暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

ボードゲーム 意志蹴りアーカイブ 職場ボドゲ部 デザート*スプーン ノートルダム キッズゲーム Perfume ペガペガ 二人用ゲーム ワッツさん宅ゲーム会 レトロビルでゲーム会 ブルゴーニュ チケットトゥライド パトリツィア 賽苑 マカオ SCLL 嫁とゲーム ごいた カルカソンヌ トロワ ペルガモン DDT スコットランドヤード グレンモア 八戸ノ里 アグリコラ キウイゲームズ プレイレポート 人狼 王と枢機卿 ワッツさん宅 映画 クレタ オリンポス ほっとゲーム会 読書 テネリフェ ディスタウファー フィレンツェ 国産ゲーム ピラニアペドロ スノーの酒場 小箱カードゲーム ロストテンプル 拡張 ゼロ ゲーム周辺 楽しい動物園 ギフトトラップ クメル チャオチャオ キーラルゴ カヤナック カタン 大人のボードゲーム部 サンタクルーズ フォーセール ディ・スタウファー ひがっち たほいや ニムト 大聖堂の建設 かたちラボ タンサンファブリーク FOLK ベジン トーレス バトルライン エルグランデ chouchou ダズル フュージョン 

つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンク集(ボードゲーム関連)
リンク集(ボードゲームショップ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
カウンター