FC2ブログ

パケットロウ:箱を開けよう!

 さて、今回開けるのは、「パケットロウ」です。

 
パケットロウ

 未プレイですが買いました。

 未プレイどころか、実物を見たこともなかったです。

  
 ヤフオクで安値で出てたので入手。

 製作元が「ホワイトゴブリンゲームズ」ということもあり、恐る恐る入札しました。

 
 というのもホワイトゴブリンは「期待させといて残念」といったゲームが多いらしく、ネガティブな感想ばかり聴こえてきます。

 ホワイトゴブリン好きという人もたまにいるので一括りにはできませんが、地雷確率が高いのもまた事実……。

 
 でもこれは良さそうなんですよ、ルール読むかぎり。

 プレイ時間も長くかからず、さらっと終わりそうですしね。
 

  —・—

 
パケットロウ箱裏

 箱裏です。

 輸入品なので和訳ルールは付いてません。

 
 写真を見るかぎり、要素は少なそう。
 

パケットロウデザイナー

 デザイナーはベルク夫妻。
 
 オレゴンやラッタスのシリーズのデザイナー夫婦ですね。
 
 
 ラッタスカードゲームしかやったことありませんが。

 オレゴンはやってみたいなあ。


パケットロウロゴ

 ホワイトゴブリンのロゴ。

 逆サイドにペガサスシュピーレのロゴも入ってますが、これはディストリビューター(卸)ってことなんでしょうね。

 
パケットロウルール

 和訳ルールをBGGからダウンロードしてプリントアウトしてきました。
 
 
 発色が悪いなあ。

 これはうちのプリンタの問題です。
 

パケットロウ開け1

 いよいよシュリンクを開けます。

 
 話はそれからだ!

 
開ける

パケットロウ箱

 シュリンクを取りました。

 
 正方形の大箱を開けるのは、そう言えば久々。

 ワクワクしますなあ!

 持ってみたら軽いけど。

 
パケットロウ開け1

 ぱかり。
 

 ボードが見えますね。

 お金のトークンがすでにいくつか取れています。

 
パケットロウ開け2

 いくつかというか結構取れちゃってます。

 お、俺の楽しみを……。



パケットロウ開け3

 パンチングシートの下はこんな感じです。

 スッカスカでした。

 
パケットロウお金

 とりあえずお金トークンを抜いていきます。

 
 数は合ってると思うけど……。


パケットロウお金2

 抜き終わりました。

 20、10、5、1と4種類です。単位はドル。
 
 
パケットロウお金3

 ルールブックに何が何枚といった記載はありません。

 ちゃんと4種類それなりに枚数があるので大丈夫なのでしょう、

 
 写真の通り、トークンはしっかり分厚めで存在感あります。

 
パケットロウボード

 後回しになりましたが、ボードを見ていきましょう。

 隣のルールブック、こっちが本物です。

 
 阪急電車を彷彿とさせる、落ち着いた小豆色です。

 大阪の人間にはこの色だけでハイソサエティ感が植え付けられますな。

 

パケットロウボード2

 ぶっちゃけてしまえばボードは単なるカード置き場。
 
 全部動きとしては同じで、アートワークなど変える必要はありません。

 
 ありませんが、こうして4種類作られているということはそれなりの意味を持っています。

 フレーバーは大事よねという話。

 
 実際のプレイが始まると、フレーバーでごっこ遊びにはなかなか至りません。

 欲しいカードをどこで手に入れるか、その選択に頭は夢中ですよ。

 
 とはいえそれ以前のルール理解や没入の助けになります。

 このゲームで言えば特殊効果のカードなど、良くフレーバーとかみ合ってると思います、

 
パケットロウボード3

 ボードの裏側は黒塗り。コスト削減。

 いや、いいんじゃないですか。
 

カード類他

パケットロウその他

 その他の用具類にいきます。

 
 小分けのビニールが入っているのはありがたいですね。

 にしても本場(ドイツとか)ではどのようにコンポーネントを分けているのでしょうか。
 
 あまり細かくはやってなさそうですけど。

 
パケットロウ駒

 プレイヤーの駒。

 5人まで遊べます。

 
パケットロウカード1

 さて、次はカード。

 基本、カードを取り合うセットコレクション的なシステムですよ。

 
パケットロウカード2

 セロファン包装を取っちゃいます。

 ぺりーん。

 
パケットロウカード3

 二つとも剥きました。

 カードはサンクトペテルブルグ(旧版)のカードと同じくらいの大きさです。

 
パケットロウカード4

 カードデッキはボードに対応したものが1つずつで4種。

 あとはサマリーカード(ドイツ語)が1枚と、プレイヤー色のカードが各1枚です。

 
 市役所(ZUNFTHAUS)のデッキには最初に配る契約カードも混ざってます。

 ので、それは分けておこう。

 
 
パケットロウ片付け

 用意したビニール袋にコンポーネント類を分けます。

 
 カードデッキは2種ごとに袋へ。

 お金も2つに分けます。

 駒、プレイヤーカード、初期契約カードはまとめて仕舞いました。

 
 これで片付けていきますよ。

  
大きさ比べる

パケットロウ比較1

 大きさ比較!

 隣は岩波文庫です。ハーマン・メルヴィルの「幽霊船ほか一篇」です。

 このゲームの舞台は1842年のニューヨーク。

 じゃあ「バートルビー」かなあ、ということで収録されている文庫を引っ張り出してきました。

 
 主人公バートルビーの奇天烈な言動(というか、なにもしない)もさることながらそれを描写する語り手の筆致が、軽妙なメルヴィル節でこれが楽しかったりします。

 「七面鳥」などのサブキャラ造型も良いですよね
 
 
パケットロウ比較2

 正方形、ということでチケットトゥライドの箱の上に重ねてみました。

 
 同じ大きさです。

 内容物は段違いにスカスカですが、アウグストゥスほどではないのでまだ心は穏やかですよ。
 
 
  —・—

 早速遊んでみました。

 と言っても買ったのは年明けなので、それなりに時間が経ってます。

 
 で、感想としては。
 
 「買って良かった」です。

 いやいや良かったですよこれ。5人まで遊べますしね。

 
 収束性も高い上にフレーバーも効いてます。

 ちらっと書きましたがルール量も少なく、ゲーム前の説明がものすごく楽。

 
 3000円を切るお手頃な価格で手に入ったので、非常に満足してますよ。

 
パケットロウおまけ

 おまけ。

 
 市場(MARKT)の犬。

 野良犬でしょうか。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

告知!
次のほっとゲーム会は……

未定!




ほっとゲーム会
プロフィール

ダルニ

Author:ダルニ
東大阪→高松市在住。書店員
年上の嫁と小六の息子との3人暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

ボードゲーム 意志蹴りアーカイブ 職場ボドゲ部 デザート*スプーン ノートルダム キッズゲーム Perfume ペガペガ 二人用ゲーム ワッツさん宅ゲーム会 レトロビルでゲーム会 ブルゴーニュ チケットトゥライド パトリツィア 賽苑 マカオ SCLL 嫁とゲーム ごいた カルカソンヌ トロワ ペルガモン DDT スコットランドヤード グレンモア 八戸ノ里 アグリコラ キウイゲームズ プレイレポート 人狼 王と枢機卿 ワッツさん宅 映画 クレタ オリンポス ほっとゲーム会 読書 テネリフェ ディスタウファー フィレンツェ 国産ゲーム ピラニアペドロ スノーの酒場 小箱カードゲーム ロストテンプル 拡張 ゼロ ゲーム周辺 楽しい動物園 ギフトトラップ クメル チャオチャオ キーラルゴ カヤナック カタン 大人のボードゲーム部 サンタクルーズ フォーセール ディ・スタウファー ひがっち たほいや ニムト 大聖堂の建設 かたちラボ タンサンファブリーク FOLK ベジン トーレス バトルライン エルグランデ chouchou ダズル フュージョン 

つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンク集(ボードゲーム関連)
リンク集(ボードゲームショップ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
カウンター