FC2ブログ

天空の巨人:箱を開けよう!

 ゲムマ大阪会場にて中古で買いましたのよ。

 


 
 
天空の巨人」です。

 
 デザイナーはアンドレアス・ザイファルト。

 プエルトリコ、マンハッタン、郵便馬車が有名ですね。

 
 2007年の作品ということで、すでに絶版状態です。

 ヤフオクで見かけるたびに遊んでみたいなあと思っていました。

 
 手番の度にサイコロをジャラジャラ降るゲームで、「王への請願」というゲームとルールがよく似ていると言われています。


  −・−

 
 私自身、ダイスゲームがあまり好きじゃない、と公言しています。

 もちろん喜んで遊びますが。あまり買い足さないというだけです。

 
 そんなめんどくさい腐れゲーマーな私ですが、2000円で売られていたらそりゃ買います。

 ゲームマーケットが開場して、真っ先に中古ブースに駆けつけた成果でした。

 後になって思えば、ゲームマーケットに朝から並んでいたのはこのゲームを買うためだったということになりますね。

 

ギガンテン箱裏

 箱裏を見てみましょう。
 
 割とルールについても細かく説明されているようです。

 ドイツ語なので推測の域を出ない。

 
 下の方に、「2〜4人」「45分〜60分」といった基本情報が書かれています。

 この辺の字体も渋くて好き。

 
 
ギガンテン箱側面

 側面はこんな感じ。

 綺麗な青空です。

 
 …というかね、この厚み!

 
 クイーンの独特な形状の箱です。

 最近はコスモス大箱に基準を合うようにしてるらしく、アルハンブラも正方形の箱に収まっています。

 でもちょっと前まではこんな「クイーンにはクイーンしか積めない」という困った大きさだったのですよ。

 
 あ、そういやクイーンのゲーム買ったの初めてですわ。
 
 誰かランカスターください。
 
 
開けます

 
ギガンテン開け

 開けまーすぱかり。

 
 日本語ルールちゃんと入ってます。

 メビウス訳。
 
 
ギガンテン内容物

 中身を出しました。

 なんかボードがいっぱいあります。

 
 

ギガンテン内容物2

 お!よく見ると、カード未開封!

 未使用品ではないですか!すごい!

 
 去年の「大聖堂の建設」もそうでしたけど、こういうラッキーに毎年恵まれてますね。

 
ギガンテンボード

 メインのボードがコレ。

 まずは広げてみる。

 
ギガンテンボード2

 広げました……

 っつうか、長っ!

 
 三つ折りなのです。

 
ギガンテンボード3

 ちなみに裏面。

 飛行船描いてます。いいね。

 
 
ギガンテン個人ボード1

 つづいてはこの4枚。

 個人ボードですね。

 
 
ギガンテン個人ボード

 広げましたよ。

 ずっと折りたたまれてたせいか、平らになりませんねー。
 
 
 
ギガンテン個人ボード2

 これどうしようかなあ。
 
 重しのせといてもけっきょく畳んで収納しますしねえ。

 
 でもまあ、しっかりしたボードです。
 

 
ギガンテン個人ボード裏

 個人ボードの裏にも飛行船のイラスト。

 こっちの絵もいいですね。

 
チップなど
 
ギガンテンチップ

 その他のコンポーネンツを検品んんん。

 いろいろあるんすよこれが。
 
 
ギガンテンチップ2

 はい、全部大丈夫。


ギガンテン駒

 駒は唯一、この飛行船型のものが1個だけです。

 ピントがずれてぼやけてる。
 
 銀色ですがしっかり木製です。

 
  −・−

ギガンテンカード

 さあ、カード開封しましょう。

 
ギガンテンカード2

 セロファンをピリ。

 
ギガンテンカード3

 はいはい、各種揃っておりました。

 
 ボードの雰囲気とは違う、軽いタッチのイラストですね。

 
ギガンテン片付け

 一通り検品も済んだので片付けましょう。


 ダイスはダイスで。

 チップとプレイヤータイルはひとまとめ。

 カードは初期/開発/飛行船と種類ごとに分けます。

 開発カードの1期2期の間にタイルも挟み込みました。


大きさとか
 
ギガンテン比較

 最後に大きさ比較行きましょう。

 
 横の本は「飛行の古代史」博品社。

 A5変型(ちょっと縦長)サイズです。

 
 人が飛行する神話は別にダイダロス&イカロス父子の専売特許じゃないぜ、と東洋の各種文献を紹介する変わった切り口の本。

 中国における凧の文化や、伝書鳩の起源などかなり興味深かったりします。

 ただ、飛行船とは関係性薄い。


ギガンテン比較2

 比較的標準的なサイズのペルガモン(カルカソンヌと同じ)と重ねてみました。

 ほんと微妙に重ならない。

 
 ただ、小箱のカードゲームとか一緒に持ち歩く際には圧縮に向いてるかも。


  −・−

 早速遊んでみました。

 
 1時間以内で終わりますね。いい感じ。

 しかもちゃんとテーマも乗ってる。


  
 こういうゲームの需要っていつまでもあると思うんですよね。

 私としても、この辺のラインナップはまだまだ何個も持っておきたい。
 
 
 今後もどんどん持ち込んで遊んでいきます。

 相変わらずダイス運にはなかなか恵まれませんが、すっかりお気に入りです。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

告知!
次のほっとゲーム会は……

未定!




ほっとゲーム会
プロフィール

ダルニ

Author:ダルニ
東大阪→高松市在住。書店員
年上の嫁と小六の息子との3人暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

ボードゲーム 意志蹴りアーカイブ 職場ボドゲ部 デザート*スプーン ノートルダム キッズゲーム Perfume ペガペガ 二人用ゲーム ワッツさん宅ゲーム会 レトロビルでゲーム会 ブルゴーニュ チケットトゥライド パトリツィア 賽苑 マカオ SCLL 嫁とゲーム ごいた カルカソンヌ トロワ ペルガモン DDT スコットランドヤード グレンモア 八戸ノ里 アグリコラ キウイゲームズ プレイレポート 人狼 王と枢機卿 ワッツさん宅 映画 クレタ オリンポス ほっとゲーム会 読書 テネリフェ ディスタウファー フィレンツェ 国産ゲーム ピラニアペドロ スノーの酒場 小箱カードゲーム ロストテンプル 拡張 ゼロ ゲーム周辺 楽しい動物園 ギフトトラップ クメル チャオチャオ キーラルゴ カヤナック カタン 大人のボードゲーム部 サンタクルーズ フォーセール ディ・スタウファー ひがっち たほいや ニムト 大聖堂の建設 かたちラボ タンサンファブリーク FOLK ベジン トーレス バトルライン エルグランデ chouchou ダズル フュージョン 

つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンク集(ボードゲーム関連)
リンク集(ボードゲームショップ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
カウンター