FC2ブログ

大聖堂の建設:箱を開けよう!

 3月のゲームマーケット大阪。(昨日のゲームマーケット春ではありません。念のため)

 開場後、真っ先に直行したトリックプレイさんのブースでまず買ったのがこれです。

 
大聖堂の建設箱
 
 フェルトの二人用ゲーム「大聖堂の建設」。

 これがなんと、1500円でした!

 
 ありがとう梅井店長!
 

  —・—
大聖堂の建設箱2

 和訳がないということなので、早速ダウンロードしてきました。

 
 ちょっと用紙サイズを間違えた感。でかすぎた。

 この紙(A4)なら半分の大きさで2ページ刷れました。

 
大聖堂の建設原作

 こちらにはタイトルと原作者。

 ケン・フォレットの「大聖堂」ですね。文庫本で上中下で出てます。

 
 ちなみに未読です。


大聖堂の建設デザイナー

 下の方にはデザイナー、シュテファン・フェルトの文字。

 対戦ゲームではない「大聖堂」(リーネック作)にはドイツゲーム賞をかっさらわれたというのに、同じ原作テーマの二人用ゲームの話を受けるフェルト氏男前過ぎます。(その辺の細かい事情は知りません)

 
 
開けてみます

 ではいよいよ開けてみようと思います。

 欠品はないと思われますが、状態が気になるっ……!

 
大聖堂の建設開け

 ぱか。

 ルールブック(ドイツ語)。その下は……。


大聖堂の建設開け2

 えっ?えっ?

 パンチングシートそのままやん!未使用品やん!

 
 うっわ、マジか。

 嬉しくて、一回蓋閉じてまた開けてしまいました。

 
 未使用なら未使用って表示しといて下さいよー、もう!(ニヤニヤ)

 

大聖堂の建設シート

 内容物を出してみました。

 これで全部です。ボードは無し。

 
 カードとトークン類だけで遊べるゲームなんですな。

 
大聖堂の建設シート2

 シートからトークンを抜く作業!

 二人用ゲームなのにお金が結構ありますね。

 
 フェルトがここでもフェルトらしさを発揮してくれるのか。

 この時点でルールを読んでないだけに期待は高まります。

 
大聖堂の建設タイルチップ

 全部抜き終わりました。

 
 お金の他にも細々とあります。


大聖堂の建設カード

 次はカード。

 裏面のABがごっちゃに入っているので分けつつ、枚数も数えます。

 
大聖堂の建設カード3

 出来ました。

 青の大聖堂と赤のお城は、各プレイヤーが完成を目指す目的となる建物。

 
 個人ボードのようなものですね。

 先に3枚分建てるか、ゲーム終了時に建設が進んでいる方が勝ちとなります。

 
大聖堂の建設カードテキスト

 ちなみにカードにはドイツ語テキストがびっちり書かれているものも。

 これはまた後で日本語化しましょう。

 
片付け

 中身はこれだけなので一旦仕舞います。


大聖堂の建設片付け

 カードはAの山とBの山とで分けて収納。

 その他のトークン類は、プレイヤー毎の初期分と、その他(お金など)で袋にまとめました。

 
大聖堂の建設内箱

 おっと、今気付きましたが、さっき言ってたリーネックの「大聖堂」と、6人まで遊べるようになる拡張セットの広告が入ってました。

 内箱側面のこういう利用法は基本嫌いな方なのですが、同シリーズの宣伝ということであればまだ許せます。
 
 
大聖堂の建設内箱2

 別の側面には「果てしなき世界」も。

 これどんなゲームかよく知りません。ワーカープレイスメントではなくなってるんでしたっけ。


  —・—

シールを貼ります

 さて、現状でも遊べないことはありませんが、プレイアビリティ向上のためには日本語化をやむなしと判断しました。

 
 場にめくられたカードをいちいちカードの表と照合して効果を確認するのはさすがにしんどいですからね。

大聖堂の建設日本語化

 と、いうわけで日本語化シールもダウンロードしてきました。

 
大聖堂の建設日本語化2

 早速ハサミを入れていきます。

 
大聖堂の建設日本語化3

 この「収入」とかは分かりやすいですね。


大聖堂の建設日本語化4

 ぶきっちょながらもなんとか白枠が残らないように切って、一枚完成!

 この調子でどんどんいきますぞ。

 
大聖堂の建設日本語化5

 テキストのあるカードはテキスト部分を貼っていきます。

 
 エルグランデの時にも書きましたが、この作業が本当に楽しいですよね。

 いつまでもやっていたい(自分のゲームに限る)。

 
 もしこれを読んでいるあなたが「日本語化しんどいよ。2時間とかかかるともう苦痛でしょうがないよ」という向きならば、それはおそらくゲームの買い過ぎです。

 
大聖堂の建設日本語化6

 などと偉そうなことを言っている間に、シール貼り終了!

 楽しかったー。


大聖堂の建設片付け

 さらに余ってたスリーブに入れて、改めて片付け。

 
 折角のカード収納用スペースですが、無視してごっちゃに入れてます。仕方ない。

 
  —・—
 
大きさね

 一応大きさの目安として、なにか他のゲームも写しておきましょう。

 
 この「大きさ比較」は「買うかどうかちょっと気になってるけど近くに売ってないので実物が見られない」という方のお役に立てれば、というつもりで毎回行なっています。

 でも現在入手困難な本作でそれをやる意味があるのか。

 
 多分ない、というかもともとないような気もしますが。


大聖堂の建設比較1


 はい、同じコスモスの二人用ゲームのシリーズ。

 缶箱の「ローゼンケーニッヒ」と「ドラゴンの心臓(ドラゴンハート)」です。

 
 同じですね。実に分かりやすい!

 ドラゴンの心臓にいたっては……。

 
大聖堂の建設比較2


 中のプラスチックまで同じです。

 というか、ドラゴンの心臓が色々流用なのか。コマもブルームーンのものだし。

 
 ちょっと脱線しますが、ドラゴンの心臓は最近遊んで再評価。

 私自身の思い入れのなさとは裏腹に、妙に受けはいいんですよね。

 
 そこで改めて思うのは、ボードゲームは相手あっての趣味だということ。遊んでくれる相手が皆さん楽しそうなので、私も楽しいゲームです。

 
  —・—

 話は戻りますが、大聖堂の建設も一回遊んでみました(鏑木くんと)。

 
 もうね、めっちゃおもろい。

 このコイントス方式、最高です。熱い。

 
 好きやわ。俺フェルト好きやわ。

 改めて、ありがとう梅井さん!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ボードゲーム - ジャンル:ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

告知!
次のほっとゲーム会は……

未定!




ほっとゲーム会
プロフィール

ダルニ

Author:ダルニ
東大阪→高松市在住。書店員
年上の嫁と小六の息子との3人暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

ボードゲーム 意志蹴りアーカイブ 職場ボドゲ部 デザート*スプーン ノートルダム キッズゲーム Perfume ペガペガ 二人用ゲーム ワッツさん宅ゲーム会 レトロビルでゲーム会 ブルゴーニュ チケットトゥライド パトリツィア 賽苑 マカオ SCLL 嫁とゲーム ごいた カルカソンヌ トロワ ペルガモン DDT スコットランドヤード グレンモア 八戸ノ里 アグリコラ キウイゲームズ プレイレポート 人狼 王と枢機卿 ワッツさん宅 映画 クレタ オリンポス ほっとゲーム会 読書 テネリフェ ディスタウファー フィレンツェ 国産ゲーム ピラニアペドロ スノーの酒場 小箱カードゲーム ロストテンプル 拡張 ゼロ ゲーム周辺 楽しい動物園 ギフトトラップ クメル チャオチャオ キーラルゴ カヤナック カタン 大人のボードゲーム部 サンタクルーズ フォーセール ディ・スタウファー ひがっち たほいや ニムト 大聖堂の建設 かたちラボ タンサンファブリーク FOLK ベジン トーレス バトルライン エルグランデ chouchou ダズル フュージョン 

つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンク集(ボードゲーム関連)
リンク集(ボードゲームショップ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧
カウンター